いとー@きされぽです。明日から三連休という方も多いかもしれませんが、明日は、木更津市の伝統行事である「梵天立て(ぼんでんたて)」が行われます。

こちらの「梵天立て(ぼんでんたて)」とは、どんな行事かと言いますと、行人(ぎょうにん)と呼ばれる方のほら貝の合図で、中島区の若衆たちが掛け声も勇ましく、厳寒の海に飛び込んで、5mあまりの竹の先に御幣をつけた「梵天」を海中に立てるという行事で、五穀豊穣、浜大漁などを祈願するもので、300年以上続いている民族行事です。

・日時:平成29年1月7日(土)午前7時より(雨天決行)
・場所:さざなみ公園ちかく
・お問い合わせ:0438-22-7711(木更津市観光協会)

300年以上も続いている行事ってすごいですね。
この真冬に海に入るなんて、いとー@きされぽには、考えられませんけど…

 

 


■行ってきましたレポ↓↓
木更津市中島の梵天立て(ぼんでんたて)を見に行ってきました

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です