いとー@きさレポです。
facebookからの情報です。
「木更津みなとまちなかワークショップ」さんが、2月5日(日)に木更津みなと口にある富士見公園にて、一箱古本市(きさほん)を開催するとのことです。

まず、この一箱古本市とは何か?という事ですが、facebookの説明によると、両手で抱えられるだけの量の本を並べただけの本屋さんが出現するという事で、自宅にある読まなくなった本や雑誌などを持ちより販売するという事のようです。

とりあえず・・・富士見公園の場所から↓

地図を見て頂くとわかるのですが、「富士見公園」という場所がグーグルマップ上で確認できなかったので、実際に現場に行ってきました。

はい!名前確認です!

場所がイマイチわからないという方は、愛染院の前の通りという風に思えば良いかと思います。
写真がイマイチ見づらいのは、すみません…汗

こちらの道路は、車ですと一方通行になっていますので、こちらの選ちゃく寺の前から一方通行を入ることになります。

富士見公園は、この一方通行の道なりにある公園なので、長細い感じです。

こんな感じです。

途中、ちょっと広い部分があったりします。向かって右側は、一方通行で、左は、店舗や民家があったりします。

先ほど、ご紹介した愛染院が左手です。砂場や滑り台、鉄棒といった公園の定番遊具は、揃っていますね。

そして意外に忘れてはならないのがトイレです。
結構綺麗なトイレがあります。新しい感じがしますね。これなら、ここでイベントをやってもトイレに困ることはないでしょうね。

さてイベントのご紹介に戻りますね。
日時は、2017年2月5日(日) 11:00~16:00(雨天中止)となります。出店規約を見てみましたら、本以外にもCDやレコード、ゲームソフト(ゲーム機やプレイヤー以外)なども販売することが可能みたいです。さらに面白い所が、本が全体の7割以上あれば他に雑貨なども販売することが可能というところです。ですので、出店者によっては、雑貨などの販売をすることも考えられますね。

2月5日(日)は、木更津ナチュラルバルも開催されますので、天気が良ければ、木更津駅みなと口(西口)をゆったりと歩いて散策されては、いかがでしょうか?
前回の木更津ナチュラルバルの記事「木更津駅みなと口で毎月行われている木更津ナチュラルバルにいってきた」

その他、詳細を知りたい方は、facebookをご覧ください。
木更津みなと口 一箱古本市(きさほん)facebook

 

 

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です