週末イベントまとめ」で毎回掲載してきた「木更津恋物語 冬花火 in 恋人の聖地/中の島大橋」ですが、いよいよ今週末2月11日(土)が最終回になります。
最終回は木更津港内港公園に音響設備を設置し、音とコラボした特別な花火を打ち上げるようです。

そんな最終回の前に、実際に冬花火がどんなものか見てきてみましたので、画像を中心にご紹介です。


2月4日(土)18:30頃、宝家から田園の前を通るように海側へ歩いていると花火の音が!


横断歩道を渡る前に始まってしまった…


無事に信号を渡り切って、カメラを固定してどんどん撮影!


中の島大橋が花火の光に照らされ浮かび上がり、さらにその姿が海面に反射して見えました。
花火を見ると上空では風に流されてるようでしたが、海面は風の影響もなく綺麗に反射も見えたのは良かったです!


クライマックスに向けて、どんどん花火が打ちあがっていきます。


こちらが最後の花火でした。

実際に見てみての感想ですが、

  • 何よりも夏の花火大会よりも人が少ないので、とても見やすいです! 私は港ギリギリからの木更津花火は初めて見ました。いつも遠くから見ているという方は、それだけでもかなりオススメ!
  • 気のせいかもしれないですが、夏の花火よりもくっきり見えるような… 空気が澄んでるからかな?と思ってみたり(これも近くで見れるメリットが影響してるのかも)
  • 規模の大きい夏の花火がいいのはもちろんですが、5分という時間が思ったよりもよかったです。短い時間なりに、メリハリがあるように感じました。感覚的に5分=短いという予想でしたが、思ったよりも長く感じましたね。

という感じ。

<結論>
冬花火、見に行ってみる価値ありですよ! まだ見てない方は最終回お忘れなく!



最後の花火、ハート型なんですよね… さすが「木更津恋物語 冬花火 」!!!
カップルで行くといいさ!!

(でも独りでもいいよ!!)

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?