いとー@きさレポです。
本日は、イベントのご紹介です。突然ですが、皆さん「木更津甚句」をご存知ですか?
千葉県の三大民謡とも言われるほどの伝統があるものなのですが、とりあえずwikipediaによると・・・

木更津甚句(きさらづじんく)とは千葉県木更津市に伝わる民謡(甚句形式)で、別名を木更津節とも言う。

由来は江戸期に江戸-木更津間の海運を司る木更津船の船頭が往来の際に唄っていた船唄が元であると言われている。
幕末(安政年間)にその船唄を元に木更津出身の噺家、木更津亭柳勢が江戸の高座で唄い江戸界隈で流行したと伝えられている。
それからしばらく時が経つに連れだんだん廃れていったが、大正時代に木更津から上京した芸妓・小野きくが「若福」という芸名で新橋のお座敷に出ていた折に「木更津甚句」を披露して東京花柳界で再び流行し全国に広まる。

という非常に歴史伝統のあるものなのです。歌詞は・・・

ハァー
木更津照るとも 東京は曇れ
かわい男が
ヤッサイモッサイ ヤレコリャドッコッコイ コリャコーリャ
日に焼ける

というものです。木更津市民であれば、必ず知っている「やっさいもっさい」は、この木更津甚句の囃子言葉から取って「そこのけそこのけ」という意味があるそうです。

さて、こんな木更津甚句ですが、全国大会が開かれているのをご存知でしょうか?今回2017年で、10回目となる木更津甚句全国大会が3月26日(日)に木更津市中央公民館にて行われます。

場所は、こちら↓

木更津駅から徒歩5分程度で到着することができます。

大会の概要ですが、以下の通りです。
開催日時:平成29年3月26日(日) 9:30~17:00
開催場所:木更津市中央公民館
開催内容:少年少女の部、成年の部、壮年の部、式典
入場料:1,000円
※昼食等は、各自にてご用意ください。出店などは、ございません。大ホールでの飲食は、禁止されております。
参考までに木更津市内飲食店サイトをご紹介しておきます。
木更津市内の飲食店情報サイト 木更津うまいもんマップ(きさうま)

伝統のある木更津甚句をこの機会に是非聞いてみてはいかがですか?
最後に木更津市観光協会の方から木更津甚句の写真をご提供頂いたので、掲載しますね。

 

関連記事

6月7日(水)ITセミナーパネリストに聞く③亀山温泉ホテル 若旦那 鴇田 英将氏

2017/4/29・30の週末イベントまとめ

6月7日(水)ITセミナーパネリストに聞く②株式会社 菜の花エッグ 代表取締役 梅原 正一氏

ゴールデンウイークに小櫃川に鯉のぼりが雄大に泳ぎます!

6月7日(水)ITセミナーパネリストに聞く①医農野菜の会 代表 村上 洋一郎氏

第16回 かずさYOSAKOI 木更津舞尊が5月7日(日)に開催されます

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です