木更津市では、天気が良いと富士山が見えますが、その中でもちょっと特別な気持ちになれる「ダイヤモンド富士」が見える時があるのをご存知でしょうか?

以前もご紹介したので覚えている方もいると思いますが・・・念のため、おさらいも含めて・・・

太陽は、東から上り西に沈むのですが、春分の日と秋分の日は、一宮町の玉前神社から太陽が昇りその光は、木更津市の八剱八幡神社を通り寒川神社、富士山、元伊勢を通り出雲へという感じです。

そうなんです!気が付きましたか?途中で富士山があるのです。という事で、春分の日と秋分の日では、「ダイヤモンド富士」を見ることができるのです。

2015年のレイラインイベントFeeLの際に撮影した写真です。

ちょっと雲があったのですが、なんとか見ることが出来ました。秋分の日に撮影したものです。

いよいよこの三連休の最後の3月20日は、春分の日なのですが、天気が良ければ、もっと綺麗な「ダイヤモンド富士」が見られるかもしれませんね。

ちなみに・・・私のスマホの天気予報を見てみると・・・3月20日は、晴れのち曇りで、降水確率10%という予報です。晴れが粘ってくれれば…と思います。

この写真は、以前もご紹介した「木更津市内港公園」から撮影したものです。
個人的には、中の島大橋を入れて「ダイヤモンド富士」を綺麗に撮影できたら…と思っています。

また、インスタグラムを使ったフォトコンテストも開催していますので、春分の日に「ダイヤモンド富士」を撮影してフォトコンテストに応募するのも良いですね!

 

 

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です