本日は、3月25日(土)に日本テレビにて放送されました「ぶらり途中下車の旅」にて取り上げられていた木更津市、富津市のスポットのご紹介します。

番組は、木下ほうかさんとなぎら健壱さんが電車に乗り、途中下車をして街をご紹介するもので、今回のスタートは、勝浦から。その後、館山などに寄ったりして、富津市へ。大貫駅にて途中下車して、寄ったのが…野口製菓です。

こちらで取り上げられていたのが、「バカ最中」です。この辺に住んでいる方は、「バカ貝」と言えばアオヤギとわかる方がほとんどですが、やはりこの辺の方じゃないとわからないですよね。バカ貝をモチーフにした最中をお二人が食してました。

次に二人が訪れたのが、大貫駅で下車して、「大地の恵み」というスポット

こちらは、貝を使った手作り細工を展示販売していて、その愛嬌のある作品には、お二人がとても興味を持ってました。あと、その他、木工細工などもあり、こちらは、お祭りで使う山車などを精巧に作っていたのですが、とても力作でした。

その後、電車に乗り木更津駅へ。

夕方になったこともあり、二人は、飲み屋を探して木更津駅から徒歩5分ほどの「房州酒場 木更津商店」にて呑み始めました。こちらでは、サザエを食べたり鶏肉を食べたりして楽しんでましたよ。

そして、次の日も引き続き木更津駅からスタート。朝食を兼ねて寄ったのが「ペッパーズパントリー」へ。

こちらでは、色々なパンがあり、朝のコーヒーサービスがあったりという事で、二人は、パンを2,3個買って、外のベンチで食べていました。とても美味しいを連発していましたよ。

そして、その後、木下ほうかさんは、仕事の関係で帰ってしまい、なぎら健壱さん一人で引き続き木更津を散策。駅から西口(みなと口)を歩いて、いくつかある古い建物を見たりして、木更津での最後のスポットである「小川漁網商店」へ。

こちらでは、魚を捕る網を使った「御身あらい」をご紹介。説明を聞き、なぎら健壱さんも興味津々のご様子。そしてお買い上げをしてましたよ。

その後、千葉方面へ向かっていきました。

という事で、色々とご紹介されていました。特に電車の中で、木下ほうかさんが、なぎら健壱さんに言っていた一言が印象的でした。「木更津は、撮影などで良く来てます。木更津の方は、撮影に協力的なんで」と言っていました。確かに最近は、木更津周辺で撮影をしている事も多く木更津市もフィルムコミッションに力を入れていますしね。

詳細は、日本テレビの番組ホームページをご覧ください。
ぶらり途中下車の旅HP

 

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です