6月7日(水)、21日(水)に行われる君津商工会議所主催のIT活用セミナーのパネリストに話を聞きに行ってきました。

今回のITセミナーは、地元君津市でITを事業に活用している方々をお呼びして活用事例を聞くというもので、その事例に対して色々な視点から討論していくというものです。事業を営んでいる方は、もちろんの事、一般の方でも聞くことができます。

IT活用セミナーが6月7日(水)、21日(水)に君津市にて開催されます

まず6月7日(水)のセミナーのセミナーパネリスト3名のうちの1人である医農野菜の会代表の村上洋一郎さんに話を聞いてきました。

今回は、君津商工会議所にて、話を聞きました。

医農野菜の会は、任意団体で、ホームページを拝見すると、有機、無農薬はあたりまえ!種までこだわった医農野菜の会という名称の通り、健康にこだわる野菜作りを実践していて、農薬と化学肥料は、一切使わずに栽培して野菜の旬を守った季節ごとの野菜作りをしているそうです。

代表の村上さんは、ソフトウェアハウスのSE(システムエンジニア)や営業を経て平成25年に君津市に移住して農業を始めたそうです。

ITの活用方法としては、ホームページを立ち上げて「おまかせ定期配送」として旬の野菜の詰め合わせの定期配送を受け付けていて、現在でも、月に数件お客さんが増えているそうです。

その他、SNSの活用として、facebookを活用していて、地元のイベントに積極的に参加して、その告知などを行っているそうです。faebookの利点として人のつながりが増えていくという事で、その方々に野菜の良さを理解してもらい販売につながった例も多数あるそうです。

その他、今後の展開なども色々とお聞きしましたが、農業×ITの活用を当日のセミナーでもお話して頂けるようです。

医農野菜の会のホームページ

6月7日(水)、21日(水)のセミナーの申込は、君津商工会議所きみなびホームページにてご確認頂けます。

君津商工会議所きみなび(PDF)

 

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です