昨日週末のイベント情報をお届けしましたが、追加で、イベント情報を頂きましたので、お知らせします。

前回2月5日(日)に行われた一箱古本市(きさほん)が5月7日(日)に開催されます。こちらの一箱古本市とは、両手で抱えられるだけの量の本を並べただけの本屋さんが出現するという事で、自宅にある読まなくなった本や雑誌などを持ちより販売するという手づくりイベントなのです。

開催場所は、前回と同様でこちら↓

木更津みなと口(西口)の富士見公園です。駅方徒歩5分程度の所です。
開催時間は、11:00~17:00となっていますので、散歩しながら、歩いてみて気になった本を探してみるのも良いと思います。

また、5月7日(日)は、同じ木更津みなと口(西口)にて、第2回木更津ナチュラルバル2017も開催されていますから木更津駅周辺は、とても賑やかな一日となりそうですね。

今回こちらの一箱古本市(きさほん)の開催に合わせて、木更津みなと口にある江戸の寛政2年(1970年)頃に創業されたと言われている濱田屋の一般公開が予定されています。こちらの濱田屋は、その取扱い品に因み「砂糖濱田屋」と呼ばれていて、周辺にいくつかある浜田屋の親家とされていて、現在商店会によりリノベーションがされており、今回初めて一般公開されるという事です。

以下、詳細情報です。

一般公開の内容
日時:5月7日(日)11:00~17:00 一箱古本市【きさほん】開催期間中
対象:砂糖濱田屋旧店舗と土蔵(一階と二階)及び敷地内の石蔵。
・店舗内部は整理や一部取り壊しなどリノベ作業が進行中ですので、足元と頭上にご注意ください。
・特に二階への階段は足元が暗く狭く急傾斜です。上り下りには十分ご注意下さい。
・敷地奥の石蔵は内部公開はありませんが、中をのぞく事は出来ます。
駐車場:駐車場は特に用意しておりません。近くの有料駐車場をご利用下さい。

皆さんゴールデンウィークの最後の日曜日は、木更津駅周辺でゆっくりと過ごすのも良いですね。

 

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です