GW終わってしまいましたね。皆さんはどんなGWを過ごしましたか? 私はこの連休、気になってるところへ行ってきました。

春になった「いっせんぼく」、どれぐらい緑が増えているのか。

木更津市真里谷のいっせんぼくへ行ってきた【湧水・湿原】』という記事を3月に載せたのですが、その時いっせんぼく周辺はこんな感じでした。


まだ春が来てなく、枯れ草が多いですね。
これはこれでよかったのですが、緑いっぱいの風景も見てみたくなったので連休を活かして再訪してきました。

↓↓いっせんぼくの場所はこちら↓↓



というわけで再びやって来ました、武田川コスモスロード。
ここからは、3月に似た箇所を撮影したものがあれば、右下に載せつつご紹介していきます。
3月では菜の花が満開だったこの場所も、今は緑一色となっています。


武田川沿いの看板に、このようなものも掲載されていました。
5月14日(日)に「武田川コスモス・菜の花ロードの会」による、河川敷の保全、コスモス・菜の花などの植栽をされるようです。


今回はどんどん歩いていきますよー。
こちらは大伴家持の歌碑があるところ。たった2か月でこんなに風景が変わるのですねぇ。


この辺りからトンボが飛んでいたり、毛虫が歩いていたり…
踏まないよう気を付けつつ歩いていきます。


「ハンノ木湿原」の看板があるところまで来ました。
木道が始まるところですが、5月になると木道が見えにくくなるぐらい草木が育ってますね。


おや、これは…?


おお、やっぱりカラー!
季節が変わると色々な花も見られるのでいいですねぇ。


3月に来たときは湿原っぽさを一番感じられたところも、5月はこんな感じです。
水が流れてる部分が見えないくらい草が育っています。


そして「いっせんぼく」へ到着!
ここは緑が元々多めだったので、3月と5月では極端に変わりませんね。


春前のいっせんぼくもよかったですが、緑いっぱいのいっせんぼくもいいですよ!
初夏の散歩にいかがでしょう~?

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です