タイトルまんまですが、まぜそばが食べたくてお店を探していたところ、近くにある「千葉房総 麺のマルタイ」に行ってきました。

場所はこちらー↓↓↓

まぜそばというのは、タレや油を絡めて食べるスープのないラーメンのこと。油そば、汁なし麺などと呼ばれたりもします。

そのまぜそばが食べたいと思い検索して出てきた麺のマルタイさんへ。


今日は空いていた!(前来たら満車だったのですー)


お昼のピークの時間を過ぎていたので、お客さんもちらほら。
お店に入って食券購入。もちろん、お目当てのまぜそばー。


煮干醤油のマゼソバ 味玉入り(900円)
タマゴ好きなので外せません。卵黄のトッピングもあったけど、今回は味玉で。

では、いただきまーっす!


と同時にがっつり混ぜる。麺と具を絡めてがっつりがっつり混ぜる。まぜそばですから。
見ての通り汁はないですが、麺は暖かいです。熱々のスープたっぷり~ではないのでネコジタさんでも安心。

太い縮れ麺に醤油と煮干しの旨味がよく絡んで美味しいです。まずは何も乗っけずに…と思ったけど、ウマウマーと箸が進む。


卓上に7種類の香味油がありました。こちらを入れて風味を変えることが出来るとのこと。
お店にあった召し上がり方のところに「マゼソバには必ず加えてください」と。
ニンニク油を選んでちょこっと入れてみて…、、、やや!遠くからニンニクきた!確かにふわっと変わる。


こちらも卓上にあったタマネギ。カツオの出汁で漬け込んだものとのこと。
「そのままで食べても美味しいけど、ラーメンに入れるとさっぱりするよー」と書いてありましたが、私は油そばに生タマネギのみじん切りをわんさと入れる派なので、こちらのタマネギををぱかぱかっと入れて。

あとお酢。まぜそばと言えばコレを入れなくちゃ。さっぱりが増します。ラー油は頼むの忘れマシタ。
で、また混ぜて。ちょこちょこと味を変えて楽しませてもらいました。あーー美味しかったーーー。

味玉も美味しかったけど、やっぱ油そば(普段私はまぜそばってより油そばっていうことが多いです)には卵黄混ぜたいよなぁ。トッピングでもあったから、次は卵黄のっけよう。
香味油も違うの選んでみよう。いろいろあるしね。次に来るのが楽しみになった。

はーい、ごちそうさまでしたー!

うーむ、この辺にまぜそば・油そば提供してくれるお店がもっともっと出来てくれればいいのになぁ。

千葉房総 麺のマルタイ twitter

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です