きさレポでは木更津・君津・袖ケ浦の「ちば眺望100景」を色々見に行っていますが、今回は君津市の人見神社へ行ってみました。

他の「ちば眺望100景」はこちらから見られます

↓↓人見神社の場所はこちら↓↓


早速現地ですが、こちらは人見神社へ至る道路。
写真では伝わりにくいでしょうが、結構な傾斜だったりします。


山頂に人見神社はありますが、すぐ近くに駐車場もあったりします。
木々の間から見えるのは新日鐵住金 君津製鐵所ですね~。直線距離で1kmぐらいですが、あっという間にこれぐらいの高さまで登っています。


こちらが人見神社の拝殿。
毎年7月には「神馬(おめし)」という350年以上続く行事が行われてるそうです。


境内の西側に行くと、「ちば眺望100景」の看板が見えてきます。


こちらがその看板。
三浦半島・富津岬・富士山・横浜方面の風景が収められています。

実際に訪問した日はちょっと煙ってしまっていますが、私も色々撮影してみました。


こちらは北西方面を見た風景です。
右側は新日鐵住金がちょっと写りこんでいて、、左手に見える煙突は東京電力の富津火力発電所になります。
東京湾の対岸には横浜が見えるはずですが、この日はちょっとそこまで見えませんねぇ…


ちょっと回転してこちらは西南西方向、富津岬方面になります。
富津岬までは多少煙ってても良く見えますね。


こちらは南南西を見た風景。手前に見える川は小糸川です。

私は人見神社に来たのは初めてでしたが、この辺りを、この高さで見たのは新鮮でした。

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です