君津市の周南公民館で生涯学習講演会として防災講演会「避難所で暮らすことになったら 大規模災害時の避難所の実際」というもの行われるそうです。

この講演会では、公民館などの集会所や小中学校などの身近な施設が避難所になった場合、大規模災害で、実際どんなことが課題となってきたのか、実際の事例などを紹介してもらいながら私たちのできることややらなければいけない「備え」について考えてみましょうというものです。

地震や大雨などの被害で急遽避難をしなければならなくなり、慣れない避難所生活になることがあるかもしれません。急に日常の生活が変わると不安がかなり大きいかと思います。実際の現場について少しでも知識があったり、どういったものなのかを知っているだけで少し不安が解消されるかと思います。

 

講師

中村利孝さん(防災士・日本防災士会首都圏支部事務局長)他

期日・会場

期日/平成29年9月23日(土曜日) 9時30分から12時00分
会場/君津市生涯学習交流センター・周南公民館

費用

無料

対象・定員

対象/どなたでも
定員/50名程度

申込・問い合わせ

周南公民館(君津市大山野264)
電話:0439-52-4915
FAX:0439-52-4918

資料の準備がありますので、9月17日(日曜日)までにお申込下さい

周南公民館の場所はこちらー↓

定員数があるので、興味のある方は早めに応募することをおすすめしますー。

防災講演会のご案内について(PDFが開きます)

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です