9月の3連休に見に行ったコキア、かれこれ1か月程になりそうなので、どれぐらい変化したのか東京ドイツ村へ見に行ってみました!

【過去記事】

東京ドイツ村のコキア、紅葉する前はどんな感じか見に行ってきた


約1か月振りの「コキアの谷」
さて、どうなってますかね~…


おー! 赤くなってる!
この写真はカメラの関係で赤味が強くなっちゃっていますが、確実に9月3連休の時とは違う!


こちらの画像のほうが実際の色味に近いです。
それにしても、こんなに色が変わるものなのですね~。

よく見てみると、まだ緑の部分が所々残ってるので、もう少し日にちを置いたほうがいい色味になりそうです。


引きで見るとこんな感じ。
所々鮮やかな赤になってるのもありますが、そちらは本当にきれいな赤色をしています。

さて、ここで9月に見に行った時の写真と見比べてみましょう。

 


こちらは9月18日(3連休)の様子。いい天気だった…


こちらが10月11日の風景。曇天が悔しいですが、色の変化は見事です。

 


だいたいのコキアはこれぐらい色付いているのですが…


場所によっては、こんな風に緑の部分が残ってたりしています。
なので、見頃はもうちょっとかなー、と思ったり。


この子はすごい。
周りに流されず、己の「緑!」を維持していますね(笑)

 


ベゴニアのほうも相変わらず真っ赤な花を咲かしています。


「コキアの谷」を下る時は、右手にコキア・左手にベゴニアが咲いていて、そこだけ別世界のようでした。

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です