3月に入り春の陽気とまだまだ冬だと思われるような寒気が交互に来ているような今年の天気ですが、確実に春には近づいているはず。

ということで木更津市の観光の目玉というべき潮干狩りがそろそろオープンを迎えます。昨年もレポートしましたが、今年も潮干狩り場の紹介をレポートしたいと思います。

先陣をきってレポートするのが、木更津海岸 潮干狩り場です。
木更津駅から一番近い潮干狩り場です。徒歩だと25分くらいはかかると思いますが…

場所は、こちら↓

木更津駅西口から中の島大橋を目指してきてください。

画面向かって右側が木更津海岸潮干狩り場です。

今年もまだ始まっていませんが、潮干狩り場に行ってみました。

中の島大橋の下に行くと、なにや見慣れないものがありました…

木更津市は、オーガニックな街づくりを目指していますが、その一環としてきれいな海のまち木更津が、これからも”ずっと”続いていくことを願い市内の小中学校からポスターを募集し、この看板を設置しました。とのこと。

木更津市内の小中学生が描いた絵がポスターとなって飾られていました。

中の島大橋にいた猫をちょっと撮影しつつ中の島大橋を登っていきます。

中の島大橋の上まで歩いてくると、このような感じで木更津海岸潮干狩り場が見えてきます。

こちらの建物が木更津海岸潮干狩り場です。

木更津海岸潮干狩り場の料金ですが、大人(中学生以上)1,800円で採貝量2kgまで、小人(4歳~小学生)は、900円で、採貝量1kgまでとなっています。
その他、団体料金、学校団体料金などがあり、採貝量を超えた分については、計量を行い、1kg増につき900円の超過料金が発生します。ただし、こちらは実際に計量をしてから、規定の採貝量で良いという場合には、支払わなくてOKです。

こちらの施設では、売店もあり、あさりを入れる竹網袋や熊手なども販売していますが、熊手については、レンタルをすることも可能です。

休憩所やシャワーも完備しておりますので、安心ですね。
もっと詳しく料金の詳細を知りたい方は、木更津漁業協同組合のホームページをご覧下さい。

2017年は、3月17日(土)にオープンを予定していますが、オープニングイベントとして先着300名様にアサリの味噌汁が配布されます。また、木更津市のマスコットキャラクター「きさポン」に会えます。

オープンが待ち遠しいですね。

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です