5月19日(土)より、圏央道の利便性の向上などを図るため、木更津市、茂原市、長南町が連携し高速バス路線を利用した実証運行が開始されます。

「茂原駅」「長南駐車場」にて乗車し、圏央道を利用して「道の駅木更津うまくたの里」や「木更津金田バスターミナル」「三井アウトレットパーク木更津」へ行くことが出来ます。

「道の駅木更津うまくたの里」では乗車も出来るので、富来田地域から高速バス路線を使い「木更津金田バスターミナル」へ。そこから東京、横浜方面へのバスへ乗り継ぐことが出来ます。

高速バス実証実験事業

実施者

茂原市、長南町、木更津市

運行事業者

小湊鉄道株式会社

運行形態

1日6往復(12便)

高速バス車両

2台

運行コース

【茂原駅→三井アウトレットパーク木更津】

茂原駅(発)→長南駐車場(発)→道の駅「うまくたの里」(着・発)→木更津金田バスターミナル(着)→三井アウトレットパーク木更津(着)

【三井アウトレットパーク木更津→茂原駅】

三井アウトレットパーク木更津(発)→木更津金田バスターミナル(発)→道の駅「うまくたの里」→(着・発)→長南駐車場(着)→茂原駅(着)

※(発)は乗車のみ、(着)は降車のみ、(発・着)は乗降の利用となります。
※平日・祝日の運行はありません。
※土日は祝日の場合でも運行します。

運行期間

平成30年5月19日(土曜日)から同年11月11日(日曜日)まで

運行日

期間内の土曜日、日曜日 計52日間

運賃・時刻表

高速バス実証運行チラシ.pdf』をご確認ください。(注・リンクはPDFファイルです)

のりば

【茂原駅】

茂原駅南口バス乗り場の5番乗り場になります。

【長南駐車場】

近くに茂原長南ICがあり、そこから圏央道を利用します。

【道の駅「うまくたの里」】

近くの木更津東ICを利用して、圏央道へ入ります。うまくたの里は往復共に乗降できるバス停です。

【木更津金田バスターミナル】

8番のりばから乗降できます。木更津金田バスターミナルで乗り継ぎをすることで、新宿、品川、川崎などへも行くことが出来ます。

【三井アウトレットパーク木更津】

2番のりばを利用します。


約半年間の実証運行となりますが、今後好評であれば実証運転期間内に継続してバス路線となる可能性もあるそうです。

高速バス実証運行事業 – 千葉県木更津市公式ホームページ

高速バス実証運行チラシ.pdf [4212KB pdfファイル]

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

  1. 坂本 勝一

    いつも楽しく記事を拝見させていただいています。今回の記事は圏央道を使用したとても面白い取り組みですね。ひとつの気になるのは外房の方は茂原駅に留まるのに、内房の方はJRの駅に止まらないのかが不思議です。終点を袖ヶ浦駅や木更津駅にした方が更に魅力的に個人的には感じます。

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です