今日は、朝から撮影に行こうと決めていたので、4時に起きて食事してから事務所に立ち寄り、5時すぎに撮影に向かいました。

その先は、先日も「ちば眺望100景でもある鹿野山九十九谷展望公園に行ってきた」でご紹介した鹿野山九十九谷展望公園です。

もう一度場所のおさらいです。

本日の君津市の日の出は、5時46分という事で、大体その時間を狙っていきます。

地元の方ならわかると思いますが、遠方から来るカメラマンの方などもいると思いますので、ちょっとご説明。現場に行くまでには、ちょっとすれ違いがギリギリのような道が続きます。カーブも多いので、安全運転には、気を付けて下さいね。

さて、日の出の時間を少し過ぎた時間に現場に到着しました。連休中という事もあり、撮影している人がいるのかな?と思いきや・・・1台だけキャンピングカーが駐車場に停まってました。

さて、撮影です。

残念ながら雲海という所までは行かなかったですが、実際に見てみると本当に綺麗でした。

ちなみに”雲海とは”ウィキペディアによると・・・

雲海(うんかい)とは山や航空機など高度の高い位置から見下ろしたとき、雲を海に例える表現。山で見られる雲海は、山間部などでの放射冷却によって霧、層雲が広域に発生する自然現象による。
雲の海に山々が島のように浮かんでいるように見えることから雲海と呼ばれる。

 

よくここで撮影をしているという地元の方が来て少しお話をしてくれたのですが、本当にすごい雲海は、今年になってまだ1度しか見てないよとのことでした。

条件としては、前日に雨が降り、日中との寒暖差が激しいときが良いと言ってました。時期的には、秋から冬にかけてが良いかなぁ~という感じでした。

いとー@きさレポとしては、初の九十九谷展望公園での朝の風景だったので、この感じでも充分綺麗と感じましたけどね!

ちなみに、こちらの九十九谷展望公園は、トイレも整備されていて、とても綺麗ですよ。

是非ご近所にある絶景を見てみては、いかがでしょうか?

関連記事

サトちゃんのお洋服が変わっていたのでご報告します。

木更津たぬきフォト【24】木更津港にいる丸っこい狸(癒し系)

きさらづ街灯フォト【8】さつき通り 東高前バス停から三好屋そばの踏切前まで

木更津たぬきフォト【23】みまち通りのフェンスに描かれた狸

東京で桜開花宣言されたけど、木更津の桜はどんな感じ?

サイクルラックが九十九谷展望公園に設置されてました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です