富津市では、10月1日~11月30日まで、第8回 ふっつ海堡丼フェアが開催されいるというレポートを10月4日にアップしました。
第8回 ふっつ海堡丼フェア10月1日~11月30日まで開催!新鮮でおいしい魚介類を使った海鮮丼

先日、富津市に行く機会があったので、せっかくなのでどこかのお店で海堡丼を食べてみようという事で伺ったのが、江戸前磯料理 大定(だいさだ)です。

気になる場所は、こちら↓

駐車場は、お店の前にもありますし、お店の横にもあります。

さっそくメニューを見てみると…

穴子づくし膳とか上焼き穴子重ですとか揚げはかりめ丼、炙りはかりめ海鮮ちらし丼など美味しそうなメニューが満載です。

しかし、今回の目的は、海堡丼を食べる事!ということで、当然ながら海堡丼を注文してきたのがこちら。

この豪華なネタの数々。富津近海で取れるスズキやヒラメなどの白身の刺身、貝類、海老、穴子蒲焼を中心に高級食材をふんだんに盛り付けた海堡丼です。という説明の通りボリュームもあってとても美味しい!

お味噌汁と漬物がついていますが、現在はふっつ海堡丼フェア中という事で、小鉢が1つサービスでついてきます。

海堡丼を食べに行く前に明治百年記念展望塔に行って海堡を見てきました。写真の画面右側に見える島が第一海堡です。

富津岬の沖に見える手前側の島が第一海堡、その先の島が第二海堡である。海堡とは、人口の島に作られた砲台で、明治時代に陸軍軍人の西田明則が中心となり、日本陸軍省によって富津岬と観音崎を結ぶ東京湾口に3つ建設された。海堡が作られた目的は、外国の軍艦から首都を護ることであり、建設され順に東京湾第一海堡、第二海堡、第三海堡と名付けられた。このうち第一海堡、第二海堡が富津市地籍、第三海堡が横須賀市地籍となっている。

海堡の近くは、好漁場で様々な魚介類が獲れることで、その魚介類を中心にした丼なので、海堡丼の名前がついています。

11月30日までふっつ海堡丼フェアが開催されていますので、富津市に行かれた際には、食べてみてくださいね。


江戸前磯料理 大定

住所:千葉県富津市富津2027
電話:0439-87-2021
営業時間:11時~20時
定休日:月曜日(祝日の場合、火曜日)
駐車場:30台

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です