袖ケ浦公園にある梅園には、約140本もの梅の木があり、2月中旬頃に見頃を迎え3月上旬まで楽しめるそうです。
梅の花が少しずつ咲き始めている袖ケ浦公園では、一足早い春を楽しんでもらおうと「梅見茶屋」が開催されるとのことです。
当日は先着で甘酒の無料サービスや、太巻き寿司や豚汁などの販売が行われるとのことです。

袖ケ浦公園 梅見茶屋

日時

平成31年2月16日(土)
11:00~14:00

※雨天の場合は17日(日)に順延

場所

袖ケ浦公園 梅園内

内容

  • 甘酒の無料サービス(先着100名)
  • 太巻寿司、豚汁、草花などの販売

公式サイト > 袖ケ浦公園・百目木公園ホームページ


また袖ケ浦公園のすぐそばにある「袖ケ浦市農畜産物直売所 ゆりの里」では、同日に「梅まつり」が開催されます。

生産者などによるPR販売、袖ケ浦市酪農組合による牛もつ汁とホットミルクの販売、野菜の詰め放題、杵つき餅販売などなどが行われます。
こちらも是非足を運んでみてくださいね。


現在の梅園を撮影してきました(2月12日(火)撮影)↓↓↓

ピンク色の濃い更紗錦(サラサニシキ)は多く咲いている印象でした。

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です