袖ケ浦市にある東京ドイツ村では、現在開催中のウインターイルミネーションに続き、「チャイナランタンエリア」が11月23日(土・祝)より開催しました。

場所はこちら↓

11月1日(金)より開催されているウインターイルミネーションと同時に、「チャイナランタンエリア」も開催される予定でしたが、今年9月にあった台風15号によりチャイナランタンエリアは大きな被害を受けてしまいました。


台風直後のチャイナランタンエリアの様子です。(こちらの写真は東京ドイツ村より提供していただきました。)

保管、設置してあったランタンは骨組みが曲がり、池に設置していたものは倒れて水に浸かってしまうなど一時は復旧が困難と思われる状況だったとのことです。
中国四川省自貢市より来日した60名の中国人スタッフと従業員で復旧設置作業を行い、当初の予定よりも遅れてしまったものの、ようやくお披露目出来る日を迎えることが出来ました。


今年は追加料金はなく、東京ドイツ村の入場料(駐車料金)のみで楽しむことが出来るので、ウインターイルミネーションと共にチャイナランタンの素晴らしい作品をご覧ください。

チャイナランタンエリア

開催期間

2019年11月23日(土)~2020年4月5日(日)

点灯時間

日没後から20:00まで(最終入園は19:30まで)

料金

イルミネーション期間中は駐車料金のみとなります。

  • 普通乗用車:1台/3,000円
  • マイクロバス~中型バス:1台/10,000円
  • 大型バス:1台/13,000円
  • 公共交通機関でご来園の方:お一人様/500円(4歳以上)

上記の料金で『ウィンターイルミネーション』と『チャイナランタンエリア』両エリアの鑑賞をお楽しみいただけます。

会場

東京ドイツ村 チャイナランタンエリア
(ボート池、ローズガーデン周辺)

公式サイト

> チャイナランタンエリア | 東京ドイツ村

> ウィンターイルミネーション2019(Winter Illumination2019) | 東京ドイツ村

> 東京ドイツ村 | 千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク


チャイナランタンエリアを一足お先に見させていただきました。


東京ドイツ村で最も被害を受けたのがチャイナランタンエリアとのこと。多くの方の尽力で、今年も素敵なチャイナランタンを楽しむことができます。


台湾の観光地「九份(きゅうふん)」を再現した、高さ10mの巨大なランタンです。


ランタンは鉄の骨組みと特殊な布で出来ていて、組み立てから染色まですべてを手作業で制作されているそうです。


「パンダ」は「中国」ってイメージがありますね。こちらのパンダさん、動いてました。


今年は、5万㎡のチャイナランタンエリアを自動カートで楽しめる「ランタンカート」も登場!
ボート池をぐるりと1周(9分程度)出来ます。(2,000円/1台/定員5名)

またイルミネーションエリアのように、アクションを起こして楽しめるものや、フォトスポットもありました。


こんなカワイイ子たちも!会場で探してみてくださいね。

また、現在「イオンモール木更津」でも東京ドイツ村のイルミネーションが少しだけ楽しめるとのこと。
ホーリーとアンジーのチャイナランタンに会えるかも?

> イオンモール木更津公式ホームページ :: 東京ドイツ村×イオンモール木更津 クリスマスイルミネーション


台風により大きな被害を受けてしまいましたが、そこから復興へ向かい元気に頑張っている東京ドイツ村を見に、ぜひ足を運んでみてください。

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です