富津市商工会では、富津市内の12店舗が参加する「第10回ふっつ海堡丼フェア」を10月1日(木)から11月30日(月)まで開催しています。

富津岬には、明治から大正にかけて首都防衛のために造られた人工島、海堡(かいほう)があります。
海堡のまわりは、潮の干満が激しく航行の難所ですが、好漁場でさまざまな魚介類が採れます。

海堡の周りで採れた、富津市産の魚介類を中心に使用した海鮮丼を「ふっつ海堡丼」という名称で市内で統一し提供しています。
フェア期間中は、海堡丼メニューご注文の方に小鉢料理などのサービスがあります。

今回は富津市金谷にある「ザ・フィッシュ レストラン」が初参加して、全12店舗で楽しめるとのことです。

第10回ふっつ海堡丼フェア

開催期間

2020年10月1日(木)~11月30日(月)

参加店舗

  1. 日本料理 鷹
  2. お食事処 さざなみ
  3. ひろ寿司
  4. お食事処 大定
  5. 公園食堂 志のざき
  6. 中華料理 雲龍
  7. かん七
  8. 寿司・活魚料理 いそね
  9. いとや旅館
  10. さとみ寿司
  11. 金谷フェリー波留菜亭
  12. ザ・フィッシュ レストラン

南房総の玄関口 富津市商工会


「海堡丼食べたい!海の幸食べたい!」と思い、さっそく富津市へ海堡丼を食べに行ってきました。


伺ったのは、富津市岩瀬にある「いとや旅館」。

場所はこちら↓


大貫中央海水浴場のすぐそばで、富津市商工会大佐和支所の南側にあります。海側に駐車場があります。
こちらは旅館ですが、ランチだけでも歓迎してくれます。


宴会などが開ける大広間へ通していただきました。
広々としたテーブル席です。


ランチメニューはこんな感じ。全品、ごはん大盛無料サービスをしているとのこと!


ふんわりはかりめ丼も美味しそう!

注文したのはもちろん、


いとや旅館の海堡丼(1,650円)
メインの丼の他に、あら汁、バイ貝サラダが付きます


酢飯ではなく、ご飯に削り節と海苔がサンドされてます。海の幸の旨味を引き出してくれるとのこと。上から醤油をかけるとお刺身と美味しい!
はかりめもいますね。
エビの下には、イカとアジがいました。海の幸は仕入れによって内容は変わるとのことです。


大佐和漁港で獲れたバイ貝も美味しく炊いてありました。


茶碗蒸しと、コーヒー(紅茶も選べます)、黒ゴマプリンのデザートも付いてきます。
品数もお味も大満足でした。

美味しい海堡丼、ごちそうさまでした!


現在、富津市商工会大佐和支所の海側にある橋が工事中です。


警備員さんに聞いたところ、令和4年まで工事が続くとのこと。
上のマップの「⑧寿司・活魚料理 いそね」から「⑨いとや旅館」までの道が通行出来ません。ご注意ください。


いとや旅館
住所/富津市岩瀬871
TEL/0439-65-1041
ランチ/11:00~14:00
公式サイト/https://www.itoyaryokan.com/

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です