千葉県房総半島を中心に行われる自転車ロングライドイベント「ツール・ド・ちば2021」が10月9日(土)・10日(日)に行われます。
第16回目を迎える今年は、発着地が旧木更津市役所跡特設会場とし、木更津市・君津市・袖ケ浦市を通るコースとなっています。

自転車に乗らない方でも参加できる「ボランティア」も同時に募集しています。
こちらは高校生以上であればどなたでも参加出来ます。

少しでもコロナが落ち着いて、無事に開催できるといいですね。

ツール・ド・ちば2021

開催日時

2021年10月9日(土)・10日(日)

スタート・フィニッシュ会場

旧木更津市役所跡特設会場
(千葉県木更津市潮見1丁目1)

コース

【Stage-1】10月9日(土)約115.8km

旧木更津市役所跡特設会場(木更津市・スタート)
↓君津市ズウタ親水公園(君津市)
↓千葉県立鴨川青少年の家(鴨川市・昼食)
↓鴨川市大山公民館(鴨川市)
↓上総湊港海浜公園(富津市)※予定
旧木更津市役所跡特設会場(木更津市・フィニッシュ)


旧木更津市役所跡地をスタートして、道の駅ふれあいパークきみつの近くにある「ズウタ親水公園」をエイドステーションにし、鴨川市を目指すコースです。外房の海を眺め、再び内陸から内房を目指します。

【Stage-2 】10月10日(日)約82.0km

旧木更津市役所跡特設会場(木更津市・スタート)
↓クルックフィールズ(木更津市)
↓高滝ダム記念広場音楽堂(市原市・昼食)
↓袖ケ浦市永吉運動広場(袖ケ浦市)
旧木更津市役所跡特設会場(木更津市・フィニッシュ)


2日目は旧木更津市役所跡地をスタートし、最初のエイドステーションは「クルックフィールズ」となっています。そこから市原の高滝ダムを目指し、東京ドイツ村そばにある「永吉運動広場」で休憩後、木更津へ戻ります。

エントリー締切

2021年9月8日(水)締切
(先着順のため、定員になり次第募集終了となります。)

《 大会についての参加費、参加資格、申込についての詳細は、公式サイトをご確認下さい 》

公式サイト/ Cycle Aid Japan ツール・ド・ちば2021

申込み

大会のエントリーは、下記の「sportsentry」にて行ってください。

ツール・ド・ちば2021(千葉県  木更津市 旧木更津市役所特設会場(スタート/フィニッシュ)) – スポーツ大会の検索&参加申込みなら「スポーツエントリー」

ボランティア募集について

募集条件

  • 高校生以上であればどなたでもご参加できます
  • 会場まで直接自力で来ることができる方(駐車場有)

募集内容

(各会場3名~5名程度)

  • スタート会場
    選手受付や参加者の体温チェックをお手伝いいただきます。(約3~4時間程度)
  • エイドステーション
    参加者にドリンクを配布や会場の誘導などの案内をしていただきます(約3~4時間程度※会場により異なります)
  • フィニッシュ会場
    フィニッシュした選手にフィニッシュ確認・ドリンク・軽食・など配布していただきます。(約3~4時間程度)

ボランティア募集期間

2021年8月1日(月)~9月15日(火)まで
(定員より多くのお申込みがあった場合は抽選となります)

《 ボランティアの詳細については、下記の公式ぺージをご確認下さい 》

公式ページ/ ボランティア募集|Cycle Aid Japan ツール・ド・ちば2021


主催

ツール・ド・ちば2021実行委員会

お問合せ先

千葉日報社内「ツール・ド・ちば2021」大会事務局
TEL/043-221-4477(土・日・祝を除く10:00~17:00)
FAX/ 043-222-6540

公式サイト

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です