袖ケ浦市にある東京ドイツ村では「パーフェクション」という品種の「マリーゴールド」が見頃を迎えます。

場所はこちら↓


広い芝生が気持ちいい東京ドイツ村です。お子さんが元気に遊んでいました。


たくさんのマリーゴールドが迎えてくれる「いろどりの丘」です。
以前は芝桜が咲いていた場所ですが、新たに「いろどりの丘」としてリニューアルしました。

東京ドイツ村では、マリーゴールドをメインとした花畑は初めてとのこと。


「アフリカンタイプ パーフェクション」という品種で、鮮やかな大輪を咲かせるのが特徴。


花のサイズは8センチほどで、一般的に想像されるマリーゴールドの2倍もの大きさの花を咲かせます。
500円玉がすっぽり隠れてしまうくらいの大きな花!


黄色とオレンジ色の鮮やかなビタミンカラーで元気を貰えます。


全体的に8分咲きくらいで、これからピークに向かうそうです。
40,000万株ものマリーゴールドが植えられており、10月下旬くらいまで楽しめるとのことです。



ゲームセンター前の「フォーガーデン」へ来ました。
7月に見たときとはずいぶんと印象のちがうコキアが並んでいました。


こちらの写真は今年7月に撮影したもの。新緑コキアはふわっと可愛らしい感じでした。


そして現在はかなり大きくなって、ふわふわモコモコで広い海原のような感じに。
コキアは秋にかけて色付くのが特徴で、少しずつ赤みを帯びてきています。


以前はパターゴルフ横の「コキアの丘」に植えていましたが、今回よりこちらの「フォーガーデン」へお引越し。
土の相性なのか、コキアの丘のときよりも大きく丸々と成長しているそうです。


予想以上にもこもこで、全体が赤く色づく紅葉の季節が一層楽しみになりました。
コキアは10月下旬頃まで楽しめるとのことです。


> 東京ドイツ村 | 千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です