木更津市中央にある「一般社団法人かんでんち」は、レンタルスペース、レンタルキッチン等「新しい時代に変化する地域の生活インフラ」として、「ワンデイシェフかんでんち」から「寛傳知(かんでんち)」へ2022年3月にリニューアルオープンしました。

食を通して多世代交流が出来る場所」をコンセプトに、赤ちゃんや子ども、大人、高齢者、障がいのある方もない方も、どんな方でもホッとできる居場所として、様々な展開をしていきます。

2022年3月より、子ども第三の居場所「つながるかんでんち」の運営をスタートし、子どもたちが気軽に立ち寄れる居場所として、週3日開所しています。
学校後の学習や遊びの場、夕食の提供などを行っています。

場所はこちら↓


木更津市西口の富士見通り沿いにある「宝家」そばの信号を、木更津駐屯地方面へ曲がり、「北片町区公園」の正面、住宅街の一画にあります。
近くには「木更津郵便局」があります。

今回、レンタルエリアを中心に、館内を見学させていただきました。


駐車場は道路沿いに数台停められます。


建物の裏側になりますが、「寛傳知」はこちらが入口でここから庭へ進みます。
今後この辺りも大きく変わる計画をしているとのこと。


飛び石が並んでいた庭は、スロープになり歩きやすく、入りやすくました。季節になると美しい藤の花が楽しめるそうです。


新旧入り混じる館内は、昔、海苔の作業場と民家だったという古民家を改装したもの。随所に昭和を感じられ、ノスタルジーな気持ちになります。


1階の和室はレンタルスペースとして利用出来ます。
8畳6畳8畳の続き間となっています。


テーブル席と座敷席が並び、最大26席対応可能になっています。
椅子での食事が楽な高齢者も、ハイハイしたい赤ちゃんも、同じ畳の上で一緒にお食事出来ます。


お一人様でも利用しやすいカウンター席もあります。緑広がる素敵な庭を眺めながらお食事が出来ます。


大きくリフォームされた「レンタルキッチン」です。2つのシンクや広いワークトップなどがとても使いやすそうなキッチンになりました。


料理教室や総菜・お菓子の製造、対面販売などが可能です。
「自分のコンセプトや料理が受け入れられるのかのテスト出店」や「一人でお店を回せるかのオペレーションテスト」など、実際の開業前に「お試しオープン」することも出来ます。


取材させてただいた日は、シェフが日替わりのレストラン「ワンデイシェフかんでんち」の日で、この日は「Kitchen Rococo(キッチンロココ)」さんがオープンされている日でした。
「唐揚げ香味ソースがけ」ランチセットをいただきました。
メインの唐揚げに、ビシソワーズ、小鉢、デザートにドリンクがついて、ボリュームもバランスも美味しい嬉しいランチでした。

ワンデイシェフかんでんち」はどなたでも利用できますが、予約が必要な場合もあります。
出店については公式サイトのカレンダーをご確認下さい。

営業カレンダー | KISARAZU-KOMINKA-KANDENCHI


浴室もリフォームされました。お子さんがたくさん遊んで泥んこになっても、シャワーがあるから大丈夫!


男女別だったお手洗いも、1つの個室にリフォームし、広く利用しやすくなりました。
ネジ締まり錠の窓や手洗い場など、懐かしさが多く残っています。


2階は、約55畳とても広いレンタルスペースになっています。
こちらでは「体操教室」や「ダンス教室」「ボール教室」などに利用されており、子どもたちが運動場のように走り回ったりすることも出来ます。
床がクッションフロアになっているため、転んでもけがをしにくいです。

2階にも水回りやレンジ、冷蔵庫があり、こちらも利用することも出来ます。
また、プロジェクターもあるので、勉強会や発表会などにも利用が可能です。

今回、レンタルスペース・キッチンなどを中心に見学させてもらいましたが、寛傳知では他にも様々なことに取り組んでいました。
少しずつ館内のリフォームを行い、更に利用しやすいよう整備を進めています。
今後は「ちょっとごろ寝が出来るような休憩場所」や「wifiも利用できるコワーキングスペース」なども出来るよう、準備を進めているとのこと。

幅広い世代、様々な個性を持つ方々が、お互いを認め合い、誰でもゆるーく気軽に立ち寄れる場所になるよう目指しているとのことです。

(施設概要についてはページ下部をご確認下さい。)

【限定20食】木更津のジビエ挽き肉を使った「焼き麻婆豆腐」(6/29限定)

今回紹介した寛傳知のレンタルキッチンにて、木更津市内で精進料理教室を務めている大井雄一さんによる「焼き麻婆豆腐専門店」が6月29日(水)限定でオープンします。

木更津矢那のジビエを挽き肉として使用し、市内の鳥獣害被害対策軽減の一助に出来ればという考えで開催されます。

「煮る」のではなく「焼く」から美味い麻婆豆腐が作れる

○ 日時/6月29日(水)11:30~14:00
○ 場所/寛傳知(かんでんち)記事内を参照
○ 内容/焼き麻婆豆腐、ご飯、汁物、小鉢〈限定20食〉
○ 価格/900円(税込)

【ご予約も可能です】
ご希望の方は、大井雄一氏(TEL/090-5764-2423)まで

○ 大井 雄一 氏

1980年生まれ。15歳の時に木更津で中華の鉄人 陳建一氏と出会い、料理の道を志す。
中華料理店、ホテルで修業後、現在は袖ケ浦市内の介護施設で厨房職員として勤務の傍ら、料理教室講師、木更津市オーガニックアクションパートナーズとして、地域の食材を使用した料理教室の開催など、「食」を通じた地域活性化に取り組む。

ジビエは適切な処理をすればとても美味しく食べられます。
今回は挽き肉にして「焼き」麻婆豆腐として仕上げてみました。
是非ともお試しください。
今後も房総の様々な素晴らしい食材たちを「焼き麻婆」で皆様にお伝えしていきたいと思います。
─── 大井麻婆豆腐 大井 雄一

寛傳知(かんでんち)
住所/千葉県木更津市中央2-8-18
TEL/0438-25-6544
E-mail/ kandenchi0301@gmail.com
公式サイト/ Home | KISARAZU-KOMINKA-KANDENCHI
公式facebook/寛傳知

○ レンタル料金等については、公式サイトをご確認下さい。
○ イベント開催などのお問合せは、電話もしくは公式サイト内のフォームよりお問合せ下さい。


こちらは、木更津市産業・創業支援センターらづBizが「中心市街地活性化」「創業支援」「多世代交流支援」を目的に継続サポートしたものです。
寛傳知には木更津創業塾卒業生も参画しています。

木更津市産業・創業支援センター「らづBiz」
TEL/0438-53-7100
FAX/0438-53-7101
HP/木更津市産業・創業支援センター

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。