袖ケ浦市にある東京ドイツ村では「サンフィニティ」という品種の「ひまわり」と、「新緑コキア」「タイタンビカス」が見頃を迎えています。

場所はこちら↓


せせらぎが気持ちいい東京ドイツ村です。左奥の「いろどりの丘」では、新たな花の準備が進んでいます。


東京ドイツ村のゲートを進んですぐのフラワーガーデンでは、たくさんのひまわりが迎えてくれます。


サンフィニティは1つ1つの花は小ぶりで、1つの株に100輪の花をつけるのが特徴です。


高さが80cm~1mくらいで、たくさんの茎を伸ばし次々と蕾を付けるので、長い期間花を楽しむことができます。


東京ドイツ村では、7,000株70万輪ものサンフィニティ楽しめます。
9月上旬ごろまで見頃とのことです。



「観覧車横」では、ふわふわの「新緑コキア」が大きく成長しています。
まるまるとして眩しい緑のコキアが楽しめます。


1,500株ほどの新緑コキアは、9月下旬頃まで楽しむことが出来ます。



じゃがいもなどの収穫が楽しめる「収穫体験場前」では「タイタンビカス」が並んでいます。


アメリカフヨウとモミジアオイの交配種で、手のひらよりも大きな花を咲かせます。
赤とピンクの花が300株ほど植えられており、10月下旬まで楽しめます。


※開花時期は天候により変動します。詳細は東京ドイツ村へ直接お問合せ下さい。

東京ドイツ村 | 千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。