木更津市矢那に2019年新しくオープンする「kurkku fields(クルックフィールズ)」では、パーマカルチャーデザイナーの四井真治さんとビオトープ作りを進めています。
今回農場内のビオトープに、生き物たちの生息地となる小川をつくるワークショップが行われます。

パーマカルチャーデザイナー四井真治さんとつくる
暮らしの場づくりワークシップ『小川づくり』

農場では、パーマカルチャーデザイナーの四井真治さんと場内に水の流れを作り、そこに植物等を植えて水をより綺麗にしたり、生物や植物が育って行く水の豊かな循環につながるビオトープ作りを進めています。

ビオトープの中でも重要な役割を持つ農場の小川。
小川づくりは、農場の中により多くの生きものたちが住める多様な環境をつくることで、生きものが増え土ができたり、害虫が減ったり、自然のバランスを整えるきっかけを作ることにつながっています。
小川が完成したら、今後絶滅が危ぶまれる生きものたちの生息場所になったり、二酸化炭素を吸収したりと農場全体で生きものたちとの繋がりを生まれ循環していくかもしれません。
私たちは農場に小川を作り水の流れを作ることで、人を含めた豊かな生態系を創るきっかけになるのではと考えています。

今回は4月の暖かくなってきた時期に、大人も子どもも混ざって生き物たちの生息地となる小川をつくります。
小川が完成したら、そこに生き物たちが好む植物を植え、最後にメダカの放流をする予定です。

ランチには、四井さんが資料として修復した古い銅製かまどで炊いたご飯のおにぎりと農場の有機野菜を使ったお味噌汁、平飼い卵を使った卵焼きの一汁二菜を楽しみましょう♪

たくさんのご参加お待ちしております。

日程

2019年4月27日(土)
10:00〜15:00

※9:30より受付スタート
※雨天中止(中止の場合は前日の11:00までにご連絡いたします。)

会場

kurkku fields(クルックフィールズ)
(千葉県木更津市矢那2503)

対象

小学生のお子さまからご参加いただけます。

参加費

大人/2,000円
子供(小学生)/1,000円
※ランチ付き

持ち物

  • 長靴
  • 軍手

※動きやすくて汚れても良い服装でお越しください。

定員

限定15組
※定員が埋まり次第、締め切らせていただきます。

お申し込み方法

下記リンクのフォームよりお申込みください。

【お申込みフォーム】 暮らしの場づくりワークショップ「小川づくり」
※リンク先は株式会社KURKKUが管理されているフォームになります。
kurkku fields(クルックフィールズ)公式facebook イベント告知ページからも同じフォームへ行けます。

キャンセルポリシー

開催1週間前からのキャンセルは参加費の50%、3日前からのキャンセルは参加費の80%、前日のキャンセルは全額のキャンセル料が発生いたします。ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。


【パーマカルチャーデザイナー 四井真治さんとは】

信州大学農学部森林科学科にて農学研究科修士課程修了後、緑化会社にて営業・研究職に従事。
その後長野での農業経営、有機肥料会社勤務を経て2001年に独立。
土壌管理コンサルタント、パーマカルチャーデザインを主業務としたソイルデザインを立ち上げ、
愛知万博のガーデンのデザインや長崎県五島列島の限界集落再生プロジェクト等に携わる。
企業の技術顧問やNPO法人でのパーマカルチャー講師を務めながら、2007年に山梨県北杜市へ移住。八ヶ岳南麓の雑木林にあった一軒家を開墾・増改築し、“人が暮らすことでその場の自然環境・生態系がより豊かになる”パーマカルチャーデザインを自ら実践。日本文化の継承を取り入れた暮らしの仕組みを提案するパーマカルチャーデザイナーとして、国内外で活動。

公式サイト・公式情報

kurkku fields(クルックフィールズ)公式facebookページ
公式facebookのイベント情報ページ

kurkku fields(クルックフィールズ) ティザーサイト

株式会社KURKKU 公式HP

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です