房総スカイライン有料道路」と「鴨川有料道路」が料金徴収期間が満了となるため、4月21日(日)0時より無料開放されます。

房総スカイライン有料道路は、2013年2月より無料通行措置が行われていました。房総スカイライン有料道路はそのまま無料で、今まで有料だった鴨川有料道路は無料で通行出来るようになります。

それに伴い、両道路は千葉県道路公社が管理していましたが、今後は千葉県が管理者となるとのことです。

『房総スカイライン』は「君津市内箕輪国道127号線交差点」から「鴨川市横渚国道128号交差点」までの全長35.7kmとなっています。(下の方に地図載せました↓)
その区間内に『房総スカイライン有料道路』と『鴨川有料道路』が含まれています。

今回その『有料道路』が完全無料化になるよーということ。


君津市笹にある「鴨川有料道路」の起点です。

場所はこちら↓

ここから5.1kmの区間となります。


道路沿いに無料開放のお知らせがいくつも出ていました。


運転しながらだと、ちゃんと料金を確認するのが困難な料金表。ETCに慣れてきてしまったので、小銭出さなきゃーってのがちょーっと手間デシタ。

「機械による料金徴収」とありますが、地方有料道路ではちょこちょこ見かける投げ込み式のタイプ。バケツのように大きく開いた投入口に料金を入れます。


鴨川有料道路の料金所です。こちらは無料化に伴い撤去されるとのことです。


鴨川有料道路の途中にある金山ICです。ここから鴨川市にある金山ダムへ向かうことが出来ます。

君津に戻りまーす。


ここは以前、房総スカイライン有料道路の料金所があった場所です。房総スカイライン有料道路の起点で、区間は君津市西粟倉から君津市片倉までとなっています。

今はこんな感じで「ガードレールの外側がちょっと広いところ」になっています。写真右側は管理事務所です。
今後、鴨川の料金所もこんな感じにさっぱりするのかな。

 

上でちょっと触れましたが、改めて地図でみると「房スカ」って結構長いんだなーなんて思いました。

内みのわ運動公園の交差点から、鴨川駅のイオンの交差点まで。ほへー。


公式サイト/ 千葉県道路公社 | 千葉道路公社は千葉県内に7つの有料道路を管理・運営している公社です

房総スカイライン有料道路及び鴨川有料道路の無料開放について(※pdfが開きます)

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です