木更津市の中島地区にて、家内安全・五穀豊穣・浜大漁の祈願をする「梵天立て(ぼんてんたて)」が1月11日(土)に行われます。

「梵天立て」は毎年1月初旬に日の出と共に晒木綿(さらしもめん)の褌(ふんどし)に鉢巻・襷(たすき)を身にまとった勇ましい姿の若衆たちが、厳寒の海に入り梵天を立てる民俗行事です。東日本のなかでも出羽三山信仰が特に濃厚に分布している千葉県において、その具体的な姿を示す伝統的な特色をとどめる祭事として継承されてきたものです。

文化庁 | 文化庁月報 | 連載 「祭り歳時記 伝承を支える人々」

梵天立て

開催日時

2020年1月11日(土)7:00~

会場

金田漁業協同組合下海岸・水神宮前 中島海岸裏
(木更津市中島4412)


駐車場については特に明記されていませんでした

主催

中島区文化財保存会中島区長連合会

お問合せ先

(一社)木更津市観光協会
TEL/0438-22-7711

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です