2月5日(水)に佐貫町駅前の「新舞子の風」で行われた「富津市特産品開発試食発表会&セミナー」に行ってきました。

こちらの「新舞子の風」は、2018年4月1日にオープンしたお店で、オープンして間もない時に、ランチに訪れました。
4月1日に佐貫町駅目の前にオープンしたばかりの”YAKUZEN Cafe 新舞子の風”でランチを食べてきた

今回「富津市特産品開発試食発表会&セミナー」という事で、富津市名物のはかりめ(穴子)を使った新商品の試食会でした。


以前行った時は、「YAKUZEN Cafe 新舞子の風」という看板でしたが今は、「田舎食堂 新舞子の風」となっていました。

今回の特産品開発に関わっているのは「新舞子の風」「かん七」「ひろ寿司」「さざ波館」「株式会社マスヤ」の5店舗です。

今回、開発された商品として紹介されたのは、全10品となっています。

  • はかりめ炊き込みご飯の素
  • はかりめクラムチャウダー
  • はかりめパン
  • はかりめパイ
  • はかりめラスク
  • 焼きあなごオリーブオイル漬け
  • あなご骨せんべい
  • 黒米 薬膳粥
  • 黒米 ラスク
  • 黒米 甘酒

事前募集で申込みをした約50名の方々が試食に参加しました。

こちらのアンケートの結果もその場で集計され、一番人気の高かったのは…

こちらの「あなご 骨せんべい」でした。私も食べさせて頂きましたが、骨のパリパリ感があり塩と青海苔がトッピングされていて、ビールのツマミにも合いそうでした。

その他、2位は「はかりめ炊き込みご飯の素」、3位は「はかりめクラムチャウダー」となり、そちらの3品を商品化できるように動いていくとの事です。

今回、取材にご協力を頂いたのは、JR内房線 佐貫町駅の目の前にある「新舞子の風」の住所等は、下記のようになっています。


新舞子の風
住所/千葉県富津市亀田590
電話/0439-29-7727
営業時間/ランチ 11:00~15:00/ディナー 17:00~20:00※完全予約制
定休日/月曜日

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です