袖ケ浦市にある東京ドイツ村では、「サンフィニティ」という品種のひまわりが見頃を迎えています。

場所はこちら↓


梅雨も明けて、夏らしい日差しがたっぷりの東京ドイツ村です。


東京ドイツ村のゲートをくぐってすぐのエリアに、約5,000株ものひまわりが植えられています。


「サンフィニティ」は、背丈が低く、普通のよく見るひまわりより花が小ぶりなのが特徴。
種が出来にくい性質のため1輪が長持ちで花が咲きやすいのが特徴。


明るく元気な気持ちになれそうな黄色が眩しいですね。


こちらの赤いリボンは、袖ケ浦市内で行われている「SUN SMILE プロジェクト」というもの。
袖ケ浦市をひまわりでいっぱいにするプロジェクトで、地域が笑顔と元気で溢れるようにと願いが込められています。


サンフィニティは8月中旬ごろまで楽しめるとのことです。

 


冷たい天然の地下水を利用した「せせらぎ」は、夏の人気スポット。
コロナウイルス感染防止の為、現在は写真のようにフェンスで囲われています。


お客さんが多い日は、人数制限をするなどして対策を行うとのこと。
入場時に検温を行ったり、密になり過ぎないようスタッフが常駐しているので、安心して遊ぶことが出来ます。


深いところでも大人の膝下くらいなので、小さなお子さんも楽しく遊べます。


なかなか外出しにくい状況が続いていますが、熱中症とコロナ禍に気を付けつつ、ひろーーい東京ドイツ村でのびのび過ごしてみませんか?

東京ドイツ村 | 千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です