君津駅前にある鶏料理店「君津北口の君鶏」にて、有害捕獲された肉の100%利活用を目指す「猟師工房君津工場」と君津の花々から生蜂蜜等を生産する「Bee Concierge」と連携をして新たなグルメ飯「君津ハニー ジビエバーグ」を開発。9月1日(火)より事前予約にて販売するとのことです。

場所はこちら↓

君津駅北口から徒歩5分のところにあります。

今回発売される「君津ハニー ジビエバーグ」は「鳥獣害被害対策として、きみつジビエの価値向上と流通量増加」「カラス山椒生はちみつのブランド化」「君津市の観光業・飲食店業の振興策」の実現を目指す企画として開発されました。
これまでのジビエのイメージを覆す、美味しくて地域貢献にもつながるオンリーワンメニューを地域の方にも新たに食べ頂ければ幸いとのことです。


君津ハニー ジビエバーグ(1,280円(税別))

牛肉や豚肉に比べて高タンパク、低カロリーで鉄分豊富な 君津市産の鹿肉を全体の60%使用し、本格的に鹿肉の風味・旨味を味わえるパティに仕上げました。ジビエハンバーグの上のパイにたっぷりの「生はちみつ」が注いであります。

ジビエ肉は血抜きの技術や個体により味や安全性が担保できていませんでしたが猟師工房君津工場の適切な解体処理技術によりこれまでイメージされる臭く硬いジビエでない美味しいジビエ肉を食して頂けます。

臭みの無い新鮮な鹿肉の旨味を活かすのは、コーヒーに似たビターな苦みが感じられるカラス山椒のはちみつです。

 

鶏料理店「君鶏」、君津の「君式横丁」、木更津駅東口の「庭鶏」と複数の飲食店などを経営している有限会社StayDreamProjectは、2019年より国際文化会館のフレンチシェフとして世界と日本の文化交流を増進させる鈴木正幸氏を招き新たなチャレンジを開始。地域の産品を活用した名物メニュー開発を進め、第1弾として猟師工房の猪・鹿のミンチ肉を使用した「君式ジビエタンタン麺」を限定販売し人気になりました。


君式ジビエタンタン麺(600円)
きみつジビエの猪・鹿のミンチ肉を肉味噌に使用している。

今回は、その第2弾として君津の養蜂家Bee Conciergeとも連携した「君津ハニー ジビエバーグ」を販売します。

また、同時発売で「君津ハニー ジビエバーグざくざく辛あげ」も同時に販売開始します。


君津ハニー ジビエバーグざくざく辛あげ(680円)
数種類のスパイスでスパイシー、そしてざくざく食感に揚げた鶏肉に君津市産の「カラス山椒生はちみつ」をかけた「甘辛い」味付けがたまらない「辛あげ」です。

 

君津ハニー ジビエバーグは「君津北口の君鶏」で、事前予約にて食べることが出来ます。
予約は、電話予約(050-1053-9271)にて承っています。(今後はホットペッパーグルメやぐるなびなどのネット予約も予定しているとのこと)

君津の食の可能性を最大限味わえる地元君津の方にも感動して頂ける新グルメ飯が「君津ハニージビエバーグ」です。
君津産のカラス山椒の生はちみつがたっぷりパイを、粗挽き鹿肉ハンバーグと共にナイフでカットしてお食べくたさい。


君津北口の君鶏
住所/千葉県君津市東坂田2-6-16
TEL/050-1053-9271
営業時間/17:00~23:00

猟師工房ランド
住所/君津市香木原269
TEL/0439-27-1337

Bee Concierge
住所/君津市福岡301-23
TEL/090-5768-5798

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です