木更津市岩根にある木更津市立岩根小学校付近の田んぼにて、9月23日(木)の秋分の日に花火が打ち揚げられました。

木更津市本郷にある「新御堂寺」では、毎年5月5日に「巌根こどもフェスティバル」を開催していましたが、昨年度と今年度は新型コロナウイルス感染症のため中止となりました。

その代わりに、新御堂寺では彼岸の中日である9月23日(木)の秋分の日に「子供達や地域住民に楽しんでもらえたら嬉しい」と花火を打ち揚げる企画をされました。


花火は最大4号玉で75発、約10分間ほど打ちあげられたとのことです。


保安距離は十分にありましたが、JRの線路があるため、電車が来た際は一時中断し安全性に気を付けて打ち揚げられました。
また、地元の消防団の方々も警備や消防車を待機させて万が一に備えたそうです。


多くの方が自宅から花火を楽しみ、打ち揚げ現場付近の住民の方々から多くの拍手をもらったそうです。

(有)立石煙火製造所 様より写真と動画を提供していただきました。


 

こちらは、「コメットの日野」様より情報提供していただきました。ありがとうございます!

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です