木更津市が推進している、中心市街地の活性化に向けた取り組み「みなとまち木更津プロジェクト」。
内港周辺の都市公園に民間事業者と連携した再整備を行う取り組み「パークベイプロジェクト」が着々と進んでいます。

先導的に工事を進める「鳥居崎海浜公園」の再整備は、「食」を中心とした賑わい創出を目的に施設整備・運営を行なう事業となっています。

本格的に工事が始まった2021年8月から約4か月経ちました。
工事完了を2022年3月を予定とし、同じく2022年3月の開業を目指しています。
ちょうど折り返しとなる12月現在の工事の様子を見てきました。

鳥居崎海浜公園の場所はこちら↓


随分と工事も進み、テナント棟の建物は白い外壁が出来ました。

写真左奥の中の島大橋は通行止め期間が延長されています。
【リニューアル工事】「中の島大橋」の全面通行止めと「鳥居崎海浜公園北側駐車場」の閉鎖が2022年3月17日(予定)まで延長


手前の1棟が平屋で、中の島大橋側の建物は2階建てです。
まだまだ工事中ですが、建物の大きさや外観が見えてくると期待が高まります。


写真中央のオレンジ色の帯状の真ん中あたりに階段があります。
この周辺に広場やウッドテラス、植栽が設けられます。

平面図とイメージ画像を再掲載。工事も進んで変更された箇所もあると思いますが、イメージしやすいと思います。

 


テナント棟と富士見大橋のすぐ横は緑化駐車場になる予定です。


2019年まではここにプールがありました。もう既に懐かしい感じ…。
時代とともにリニューアルし、魅力的な木更津市に成長していきますね。


富士見大橋の南側、「鳥居崎海浜公園南側駐車場」に来ました。
焼きそばでおなじみの「富士見亭」のそばです。


公園内整備工事に伴い、南側駐車場も北側駐車場と同じく現在閉鎖中です。


松の木も一部伐採され、広く明るくなっています。
こちらの駐車場も老朽化が進んでいたので、整備されて使いやすくなると嬉しいです。


木更津甚句記念碑のある「まごころ広場」も整備中。富士宮大橋横の歩道からも入れなくなっています。


巻き貝の遊具も足場が組まれていました。


富士見大橋からまごころ広場を見下ろすと、橋の下から記念碑そばの遊歩道に繋がる工事が進められていました。


オープンは2022年3月を予定しています。生まれ変わる鳥居崎海浜公園が楽しみですね。


テナント棟に入る出店企業の一つ「株式会社ごはんクリエイト」が手掛ける店舗「舵輪 DARIN」のfacebookが開設されていたので掲載します。

舵輪 DARIN “鳥居崎海浜公園来春open予定”


○画像イメージは、いずれも木更津市より提供していただいたものです。
(※平面図イメージ画像、パース画像は、イメージとなります。今後変更となる可能性があります。ご了承ください。)


【関連記事/鳥居崎海浜公園の工事の様子】

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です