一般社団法人まちづくり木更津は「芸術文化に親しむまちづくり振興事業」のひとつとして、2021年12月よりJR木更津駅の改札外にある階段にて実施されている「階段アート」に続き、自由通路に「黒板アート」を装飾しました。

木更津市内の高等学校・高等専門学校や、木更津駅周辺の事業者・団体等により作品が制作されました。
黒板アートによる装飾で木更津駅を華やかにすることで、来訪者の増加や通行者の心を明るくすることを目指しています。市制施行80周年となる来年度に計画されている「木更津みなとぐちアートプロジェクト2022(MINART)」に向けて、アートを通じた駅周辺の活性化を推進していきます。


場所はJR木更津駅の自由通路(東口方面の南側壁面)です。
5月30日に制作者立ち合いのもと、お披露目会が行われました。


絵を保護してあったシートを一斉に外し、全ての絵が公開されました。


初夏や梅雨などの「6月」をテーマに制作されました。

制作者一覧

順不同(カッコ内はタイトルです)

  • 木更津総合高等学校 3作品
    ○美術部(甲子園!!)
    ○美術コース(狐ノ嫁入り / 百鬼夜行)
  • 木更津工業高等専門学校 美術部 3作品
    (かたつむりからの連絡 / 星降る夜に / June bride/水あそび)
  • 木更津東高等学校 美術部 2作品
    (あめにはれ / かおるなつ)
  • 一般社団法人まちづくり木更津
    (梅雨の雨上がりに見上げた空は二人だけの特別な色だった)
  • BAACUS 戸井﨑藍
    (Heart)
  • NPO法人ミライキカク 平野光国
    (木更津港 五月雨(きさらづみなと さみだれ))
  • てのひら工房 秋元教恵
    (てのひらいっぱい)
  • kinoko美術室 早石利枝
    (木更津バンザイ)
  • リビングケア(art of dialogue) 松本佳奈
    (彼女と紫陽花と雨)
  • 胞子画家 ikuiro
    (きいろいクジラはソラを飛ぶ)
  • JR木更津駅
    (鉄道開業150年)


2つの作品を合体させて楽しめる作品も。それぞれの作品は、木更津駅に足を運んで実物を見てみてくださいね。


作品には、作品タイトルと制作者名、コメントが添えられています。


展示する黒板ボードは、幅1,800mm ×高さ800mm(畳1枚弱)サイズ。
パステルチョークで描いた絵にコーティングをして、落ちにくいように処理をされています。(作品には触れないようにしてください)


お披露目では、制作者による絵の紹介と記念撮影が行われました。


階段側にあるこちらのボードには、お披露目の際の記念写真を掲示するとのこと。

作品は8月下旬までの約3か月間楽しむことが出来ます。是非、ステキな作品を見に行ってみて下さいね。

 

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。