袖ケ浦駅海側南袖地区を結ぶ道路の工事が進んでおり、年内に開通する予定とのことです。

場所はこちら↓


袖ケ浦市役所方面から、袖ケ浦アンダーパスを抜けてそのまま海浜公園方面へ直進をした場所になります。
Googlemapでは、すでに道路が出来ている状態になっています。


こちらは袖ケ浦駅側。「通行止」と大きな看板がでており、バリケードで通行できなくなっています。
この先に浮戸川に架かる橋が新設されました。

 


この道路は、現在工事中であり、年内の開通を予定しております。開通まで、もうしばらくお待ちください。


橋は架けられていますが、白線などはまだ引かれていません。
電灯もありますが、まだ点灯していません。


対岸の海浜公園側へ来ました。
こちらも同じくバリケードがしてあります。


バリケードを背に直進すると、袖ケ浦海浜公園へ続きます。


浮戸川のそばへきました。
写真右奥に架かる橋が、今回開通する橋です。

川の真ん中あたり橋脚が残っています。
ここに「新川橋」が架かっていましたが、橋梁の状態が悪く、落橋の可能性があるため2018年に撤去されました。


こちらは在りし日の「新川橋」。車1台がギリギリ通れるくらいの橋でしたが、駅側と南袖を繋ぐ橋として利用されてきました。


こちらの道路が開通することで、国道16号線にある「ガスト袖ケ浦店」の信号を曲がり、そのまままっすぐ進めば「袖ケ浦海浜公園」に着けるようになります。

また開通日等がわかりましたらレポートします。

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。