袖ケ浦市にあるの「ひらおかの里 農村公園」では、毎年この時期になると「食用なばなの摘み取り」が出来ます。
今年は3月5日(火)からスタートし、なくなり次第終了します。

 

ひらおかの里で食用なばなの摘み取りをしませんか

期間

3月5日(火)~4月29日(月)

時間

9:00~16:00

休園日

毎週月曜日
(なお、4月29日(月)は開園します。)

場所

ひらおかの里 農村公園
(袖ケ浦市永地1943-1)

参加費

一人1回20円
ひらおかの里農村公園にて用意した袋に詰め放題です。
※一人1袋まで

申込方法

当日、ひらおかの里農村公園へお申し込み下さい。事前申し込みは不要です。

お問合せ先

ひらおかの里農村公園
TEL/0438-75-4142

情報の公式サイト/ひらおかの里で食用なばなの摘み取りをしませんか – 袖ケ浦市公式ホームページ



というわけで、今年もなばな摘みに行ってきました。
初日(3月5日)はお天気も良かったこともあり、朝のオープン時に列が出来ていたとのこと。人気あるなぁ


この日は、ひらおかの里に来る直前まで小雨が降っていたこともあり、お客さんも少なめでした。

まだ始まって2日目ということもあり、美味しそうなところがたくさんありました。
なばなは手で簡単に摘むことが出来ます。次の芽が出るところも考えつつ、良さげなところをポキポキ。


15~20分程でたっくさん取れました。袋ぎっしり!スーパーで20円じゃ買えない買えない!

スタッフの方に「まだまだ詰めれば行けるでしょ~」と言われてしましましたが、美味しくいただける分だけ摘んで、おかわりはまた今度伺うことに。


スタッフの方に「たくわんあるよ。食べるかい?」と声をかけていただき、1本購入~。

毎年冬になると、ひらおかの里で漬けた立派なたくあんを1本100円で販売しているそうです。

「ここで漬けてるたくわんは美味しいよぉ~」と言われていただけあって、とても美味しかったです。お茶が進む進むー♪
購入を希望される方はスタッフの方に声をかけてくださいね。



一発目はチャーハン作りマシタ。春らしい感じ~。たくさんあるからいろいろ作ってみよーっと。

 

【関連記事】

★ 【詰め放題】10円で食用なばなの摘み取りをしてきた【ひらおかの里】
※記事は以前伺った際のレポートです。記事内の金額は当時のものです。ご了承ください。

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です