木更津市出身・在住の音楽アーティストであり、同市より「木更津ふるさと応援団」に任命されている松本佳奈さんによる、まちづくりと多様な生き方について考えるイベント「居場所って何だろう?」が1月19日(日)に開催されます。

音楽活動と並行して、自らの生い立ち・経験を踏まえた視点から、コミュニティや教育に関する活動に携わってきた松本佳奈さんが、「アートを通して多様性を認め合える居場所を木更津に作りたい」という提案内容が市民に高く評価され、第一弾となるキックオフイベントとして開催致します。

事前申込は不要です。ぜひ参加ください。

居場所って何だろう?

開催日時

2020年1月19日(日)
10:00~12:00
(受付/9:30)

会場

木更津市金田地域交流センターきさてらす 多目的ホール
(木更津市金田東6-11-1)

講演

『ごちゃまぜな居場所のつくり方』

講師/寺子屋みやた代表・富山コミュニティハウスひとのま代表 宮田 隼 さん

昭和58年生まれ、福岡県出身。日本福祉大学卒業後、大手学習塾に勤め、その後奥さんの出身地である富山県へ。不登校の子の居場所作りからホームレスの人の生活支援まで幅広い相談を受けて入れている。

  • 当日は1日限りの移動図書館「まつかな文庫」を設置します。どなたでもご自由にお読みいただけます。
  • 子供から大人まで、「違う」から「おもしろい」、『違いを楽しむアート展』を同会場にて開催いたします。
    (協力:井戸端art、感性の教室、学童保育れんこんクラブ)
  • イベントの最後に松本佳奈×育色工房によるライブペインティングを予定しています。

参加費

無料

主催

art of dialogue、リビングケア

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です