木更津市畑沢にあるラーメン屋「木更津丿貫(へちかん)」へ行ってきました。

場所はこちら↓

君津市役所から木更津市街へ向かう道路沿いにあり、2019年8月にオープンした煮干蕎麦を提供してくれるお店です。

以前は昼営業のみだったのですが、今年に入り週3日(水・木・金曜)のみ夜営業を開始したということで伺ってきました。


夜の木更津丿貫、いい雰囲気です。


店内はカウンターとお座敷があります。


メニューは毎日同じではなく、その日のメニューはTwitterで発信されています。
この日はこんな感じ。


壁には、お店で楽しむことが出来る久留里のお酒「福祝」の酒樽のこもが飾ってあります。


麺をハーフで頼むことも出来ます。その日の限定メニューを食べたり、味を変えたりを楽しむことが出来るので「食べたいけど1人前をいくつも食べられないよー」という方には嬉しい50円引きハーフ。

今回、この日のメニューで注文したのがこちら↓


煮干蕎麦~長崎県産片口鰯~(800円)
麺の上には低温調理されたチャーシューが乗っています。
煮干の味がしっかりと出ているけど、濃すぎない優しい味でするするといただけちゃいます。


もういっこ。こちらは濃厚牡蠣蕎麦(950円)
こちらも麺の上に低温調理されたチャーシューが。濃厚な牡蠣の風味が口の中に広がります。


丿貫といえば「和え玉」。
「和え玉」とは、おかわりである「替え玉」のこと。普通の替え玉と違い「和え玉」は味が付いていて、組み合わせによっていろいろな味が楽しめます。

この「和え玉」を楽しむため、先に食べた麺はスープは飲み切らず残しておきましょう。
といいつつ、どちらの麺もスープが美味しくて、和え玉が来る前に飲み切りそうになりました。


煮干蕎麦には「黒酢の和え玉(生姜)(250円)」を選びました。
上に乗っているのは魚粉です。


「和え玉虎の巻」によると「まずはよく混ぜてそのまま食すべし」とのことなので、バババッと混ぜて頂きました。
さっぱりと黒酢が効いた混ぜ麺です。

こちらを煮干蕎麦に入れていただくと、先にいただいていた麺と変わり、お酢が煮干のスープをあっさりと変えてくれて雰囲気が少し違うラーメンになりました。


濃厚牡蠣蕎麦は、牡蠣蕎麦のみ対応してくれるという数量限定の「リゾット(400円)」を選びました。
スープを残して器をお店の方に渡すと、リゾットにして再び提供してくれます。

こちらも蕎麦とはがらりとかわり、リゾットの柔らかさの中に牡蠣の風味がたっぷり感じられて美味しかったです。


煮干スープをベースに、様々な味が楽しめるこちらのお店。
この日には出ていなかったメニューもいろいろあるので、別の日も足を運びたくなりました。


木更津丿貫(へちかん)
住所/木更津市畑沢南5-3-7
TEL/0438-97-5987
営業時間/11:00~15:00(LO.14:30)
〈水・木・金のみ夜営業〉18:00~21:30(LO.21:00)
定休日/月曜日
Twitter/木更津丿貫
Instagram/木更津丿貫

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です