木更津市のブルーベリー観光農園エザワフルーツランドは、荒れた竹藪をブルーベリーが収穫できる農地に変える実体験ができ「ど根性栽培」のノウハウを学ぶことができるイベント「木更津ブルーベリーキャンプ」を3月28日(日)に開催します。

毎年開催されていた植付けイベントは今回で5回目。来年2022年2~3月にも開催予定です。

23年前、耕作放棄地の竹藪開墾から始まったエザワフルーツランド。
現在木更津市内のブルーベリー観光農園は11軒。エザワフルーツランドでは「観光農園」、「生果や加工品の販売」そして「通信販売」まで事業が拡大しています。


25年前の江澤さんの荒地(写真左)が、今は里山再生の事例となっています(写真右)。


今回の植付け予定の「荒れ地」です。
写真のように竹藪ですが、ここにブルーベリーの苗木を植え、大粒で甘いブルーベリーが収穫できるようになる「ど根性栽培」のノウハウを学ぶことができるイベントです。

■ エザワフルーツランドから学べるブルーベリー栽培の新常識

ラビットアイ種のど根性栽培は3つの「しない」で高糖度・大粒多収を目指します。

  1. 植え床作りはしない(大地に直接植える)
  2. 植え付後水やりをしない(してはいけない)
  3. 肥料はたくさんやらない(1年目から育てようとしない

※詳しくは当日ご説明致します。

荒れ地・耕作放棄地に悩んでいる方、竹藪、荒れ地、耕作放棄地の再生ノウハウを学んでみませんか?

木更津ブルーベリー キャンプ

開催日時

2021年3月28日(日)
10:00~15:00
(雨天時は4月4日へ順延)

場所

エザワフルーツランド 真里谷ファーム
(千葉県木更津市真里谷 3832)

集合場所

エザワフルーツランド駐車場(9:30)

講師

江澤 貞雄 日本ブルーベリー協会会長・栽培士

参加費用

5,000円
(資料代、実技代、昼食代含む)
当日撤収
※当日は新型コロナウィルス感染対策の為マスク着用の上、作業服、作業靴、手袋をご用意ください。

お申込み

メール/akihisanagao0125@gmail.com
TEL/090-2163-3841
(長尾 彰久)

住所・氏名・年齢・連絡方法をお知らせください。

主催

真里谷ファーム(園主/長尾 彰久 協会理事)
有機 JAS 生産工程管理責任者・格付担当者

公式サイト

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です