袖ケ浦市民会館では市制施行30周年を記念し、市民の皆さんにプロの舞台を鑑賞していただくファミリー劇場7月25日(日)に開催します。公演は“夢団”による「ジャングルブック」です。

”夢団”は日本全国の小・中学校、公民館を中心にたくさんの公演を行っています。

今回お届けする「ジャングルブック」は、ジャングルで暮らす主人公モーグリが、ある日、自分が人間であることを知り、人間と動物の狭間で悩み、苦しみながらも、愛すべきジャングルの仲間とともに、真っ直ぐ力強く生きていくストーリーです。ひたむきに生きる動物たちの『逆境に負けない!生命のエネルギー』を感じながら、神秘に満ちたジャングルの大冒険をお楽しみください!

ファミリー劇場 夢団「ジャングルブック」

開催日時

2021年7月25日(日)
14:00 開演(13:00 開場)

会場

袖ケ浦市民会館 大ホール
(袖ケ浦市坂戸市場1566)

内容

夢団 公演「ジャングルブック」

〈逆境に負けない生命のエネルギー!〉

ある日、自分が人間であることを知り、もうジャングルでは暮らせないことを知ったモーグリは、一人孤独の中で、自分が何者なのか、何のために生きているのか苦悩します。人間と動物の狭間で悩み苦しみながらも、真っ直ぐに、力強く生きていくモーグリ。そんなモーグリを取り巻く。愛すべきジャングルの仲間たちとの友情、そして天敵との命を懸けた戦い…。
この作品は“生命のエネルギー”に満ち溢れています。いじめや体罰が社会問題となっている現代、逆境に負けない、生命のエネルギーが弱まっているようにも感じます。人には誰でも、自分が何者なのか、何のために生きているのか、思い悩む瞬間があるのではないでしょうか。
モーグリや動物たちのひたむきに生きる姿勢には、きっと私たち人間が生きて行く上で、大切なヒントが隠されているはずです。ジャングルに溢れる、生命のエネルギーを感じて下さい。そこには大いなる感動があります。神秘に満ちたジャングルの大冒険を、どうぞお楽しみください。

料金

無料
(全席自由席)

対象

どなたでも
(小学3年生以下は保護者同伴)

定員

最大300名(先着順)

お申込み

当日のお願い

  • 当日は事前の検温と、マスクの着用をお願いします。
    ※37.5度以上の方、また、体調の優れない方はご遠慮ください。
  • また、小学3年生以下は保護者同伴でお願いします。
  • 当日回収する受付票は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を目的としてご記入いただくものです。
    感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等に基づき、保健所等に対し提供する場合があります。
    個人情報には十分注意し、取り扱います。

公式サイトを必ずご確認の上、ご参加ください。

お問合せ先

袖ケ浦市民会館
TEL/0438-62-3135
FAX/0438-62-3138

(7月25日)袖ケ浦市民会館ファミリー劇場を開催します – 袖ケ浦市公式ホームページ

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です