木更津市伊豆島に建設中の「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」が10月1日(金)オープンすることが決定しました。
また、ドライビングプログラム7月29日(木)より予約受付が開始されました。

場所はこちら↓


館山自動車道木更津北インターから車で約7分のところにあります。

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」は、ポルシェのブランド体験施設「エクスペリエンスセンター」として世界で9番目、日本では初めて開設されるものです。

ポルシェのスポーツカー性能を充分に引き出すための様々なトラックコンテンツ、本格的なドライビングレクチャープログラムが用意されています。
ポルシェを運転してみたかった方、運転技術を向上させたい方、ポルシェ車を比較検討したい方など、専属インストラクターによる実践的なレクチャーで、ポルシェを楽しむことができます。

施設内には、カフェ「The 956 Cafe」やレストラン「Restaurant 906」、ポルシェのブランドアイテムが並ぶセレクションストア、ミーティングルームなどのスペースもあり、運転席以外でもポルシェブランドを体現する最新の体験施設となっています。

『ドライビングレクチャー』は、オンロード、オフロードともに90分間のプログラムを基本としています。
「718」や「911」などの2ドアモデルや、「マカン」「カイエン」のSUV、「パナメーラ」、ポルシェのフル電動スポーツカー「タイカン」から選択が可能です。
その他、45分間で車両を乗り換えるミックスプログラムも用意されているとのこと。
料金は「718T」が49,500円、「911カレラ」が60,500円からとなっています。

ドライビングエクスペリエンスは、2.1kmの周回距離を持つ「ハンドリングトラック」「キックプレート」「ローフリクションハンドリング」など6つのモジュールで構成されます。
そのひとつである「ハンドリングトラック」は、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースの「カルーセル」、アメリカ・ラグナ・セカの「コークスクリュー」など、有名コーナーを再現したエリアになっています。

コースの最大の特長は、これまでのエクスペリエンスセンターが平面的な二次元トラックになっていることに対し、「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」は元々の地形を活かし唯一の三次元(立体構造)トラックになっており、高低差のある3Dドライビングを体験することができます。
また、インストラクターによるサーキットのデモンストレーションラップも体験出来るとのこと。

> PORSCHE EXPERIENCE CENTER TOKYO | 日本でのドライブを最も楽しめる場所です。

 

『シミュレーターラボ』では、歴代のル・マン優勝車から現行モデルまで様々な車両で国内外のポルシェに馴染み深いサーキットを走行できます。
こちらは年齢を問わず一定の身長があれば、ドライビング体験を楽しむことができます。料金は30分4,500円から。

PORSCHE EXPERIENCE CENTER TOKYO | リアルな運転の楽しさを、すべての人に。

ドライビングプログラムは7月29日(木)より、10月5日(火)以降の事前予約をWEBにて受付開始されました。

予約には会員登録が必要となります。
公式サイト内の「ログイン/会員登録」より登録を行ってください。

ドライビングプログラム予約URL
https://porsche-experiencecenter-tokyo.jp/login

また、レストランの予約は8月1日(日)より開始されます。


オープン前の「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」を見てきました。


入場口付近は工事中で近づけなかったので、ちょっと離れたところから撮影。


鉄骨造り2階建ての拠点施設は、日本の伝統工芸品の江戸切子をモチーフにしているとのことです。


近隣道路からは、調節池の向こう側にハンドリングトラックの一部がちらりと見えるくらいですね。

オープンが待ち遠しいです。


ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
千葉県木更津市伊豆島字中ノ台1148-1
公式サイト/https://porsche-experiencecenter-tokyo.jp/

※ページ上部画像はポルシェジャパンのプレスリリースのものです。扉絵写真・下部写真は弊社撮影のものです。

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です