君津市の久留里市場に「コトノ珈琲」がオープンしました。

場所はこちら↓


久留里の丁字交差点のところにお店はあります。旧大島屋だった場所で、少し前までたい焼き屋さんがありました。
また、畑沢南にある「MIFUNEYAMA COFFEE」が移転する前はこちらで営業していました。

営業しているときは、「COFFEE」の大きな看板と青い看板が目印。

こちらのお店は「MIFUNEYAMA COFFEE」のプロデュースしているお店で、コーヒーとスイーツ、軽食が楽しめます。
9月初旬にテイクアウトのみでオープンし、現在は店内にて飲食も可能となっています。
MIFUNEYAMA COFFEE|ミフネヤマ珈琲


お店に入ると土間になっており、奥は靴を脱いで上がるイートインスペースになっています。
土間にあるテーブル席は、自転車でお店に来たサイクリストさんが靴を脱がずにコーヒーを楽しむことも出来るようになっています。


レジカウンターの下にはケーキが並び、店内飲食の場合はこちらで注文して先払いになります。
コーヒーやケーキのテイクアウトのみも可能です。


同じく旧大島屋の店舗内で作る「久留里製菓店」のスイーツ。
人気はバスクチーズケーキとのこと。


他にもMIFUNEYAMA COFFEEで焙煎したコーヒー豆や、焼き菓子等も販売していました。


靴を脱いで上がると、板貼りの床にテーブル席がいくつかあります。
こちらはMIFUNEYAMA COFFEEのオーナーが自らリフォームされたとのこと。


奥にはゆったり座れるソファー席もあります。


いろいろな席があり、こんな感じのカウンター席も。
あちこちにある小物もとてもステキ。こちらは小さな家の形をしたスパイス瓶。カワイイ!


ドリップコーヒーの他にエスプレッソやカプチーノなどのコーヒーは、MIFUNEYAMA COFFEEの自家焙煎。
その他のメニューは、ハーブティーや自家製の梅ジュースもあります。
いずれのメニューもテイクアウトが可能です。


ホットカフェラテ(550円)


モンブランタルト(550円)
温かいラテと季節を感じるモンブランで、心地よい時間を過ごさせてもらいました。

11月20日(土)から、パンをメインとしたランチプレートのメニューも始めるとのことです。
MIFUNEYAMA COFFEEと同じようなメニュー構成ですが、コトノ珈琲では、国産小麦、天然酵母と、久留里神社にある「殿様の井戸」から汲んだ名水を使用した自家製の「殿様パン」が食べられるとのこと。
ランチメニューも楽しみです。


日が暮れると雰囲気が少しだけ変わり、店内もお店の入口もレトロないい感じに。

時間を忘れてしまうほどゆっくり過ごせる素敵なカフェでした。
美味しいコーヒーとスイーツが楽しめるカフェに足を運んでみて下さいね。


コトノ珈琲
住所/千葉県君津市久留里市場177 旧オオシマ屋
TEL/080-7383-1844
営業時間/10:00~17:00
定休日/月曜・火曜定休
公式Instagram/https://www.instagram.com/cotonocoffee/

MIFUNEYAMA COFFEE|ミフネヤマ珈琲

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です