2021年12月にJR木更津駅の西口階段にて実施した階段アートの第2弾として、木更津駅の改札外にある3カ所すべての階段で、学生による「階段アートを3月28日(月)に実施しました。

木更津駅周辺に数多く滞在している高校生世代が駅を華やかにすることで、通行者の心を明るくすることを目指すとともに、市制施行80周年となる来年度に計画されている「木更津みなとぐちアートプロジェクト2022(MINART)」に向けて、アートを通じた駅周辺の活性化を推進していきます。

参加したのは

  • 木更津東高等学校 美術部
  • 木更津総合高等学校 美術部
  • 木更津工業高等専門学校 美術部

の生徒の皆さんです。

デザインのテーマを『春』とし、参加校がそれぞれの春を描きました。

装飾期間は6月下旬まで約3ヶ月間です。


3月28日(月)11時より、階段を一部規制しつつ、今までの作品の撤去と階段への貼りつけ作業が行われました。
14時頃には全ての作品が完成しました。

作品タイトル「風に乗って」

【制作】木更津東高等学校 美術部/東口北側階段 (旧ベックスコーヒー側)
【サイズ】幅約4m×高さ約6m

空に昇っていく気球と楽しそうに飛んでいる動物や妖精を描きました。
大きな作品を一緒に描いたことでお互いのことをさらに知ることができました。
色とりどりの花が舞う空の階段で、明るい気持ちになっていただけたら嬉しいです。

木更津東高等学校 美術部

【制作風景】

作品タイトル「フレーフレーワタシ!」

【制作】木更津総合高等学校 美術部/東口南側階段(吉野家側)
【サイズ】幅約4m×高さ約6m

木更津総合高校美術部の卒業生アーティストを招いて、在校生、先生方にもお手伝いいただき階段アートを制作しました。
テーマの春に合わせて、階段アートで全ての人にエールを送ります!
フレーフレーワタシ!フレーフレーみんな!!

木更津総合高等学校 美術部

【制作風景】

作品タイトル「ハルノヒ」

【制作】木更津工業高等専門学校 美術部/西口階段(BAACUS側)
【サイズ】幅約6m×高さ約6m

こんにちは、今回西口階段の階段アートを担当させていただいた木更津高専 美術部です。
この作品は「木更津の春の風景」をイメージして制作しました。
工夫した点としては、色を分けることで同じ画面を通して1 日を表現した点です。
部員と協力して良い作品を制作することができたと思っているので、
階段を利用する際はぜひご覧いただけると嬉しいです!

木更津工業高等専門学校 美術部

【制作風景】


とても大きな作品なので、写真では見づらいところがあると思います。
是非木更津駅へ足を運んで、ステキな作品をご覧ください。

 


こちらは3月27日まで見ることができた、未来木更津市 2019~木更津まちづくりコンテスト~最優秀賞受賞団体「リビングケア(art of dialogue)」の協力により制作されたものです。
多くの方がSNSにて写真を上げられていました。



同じく3月28日(月)は、駅ピアノのそばの窓ガラスに、ピアノをモチーフとしたカッティングシートが貼られていました。
こちらもとってもステキ!!


制作コメント・一部写真引用先/木更津市プレスリリース

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。