袖ケ浦市長浦にお持ち帰り冷凍餃子専門店「餃子の雪松 袖ヶ浦店」が11月19日(木)にオープンするとのことです。

場所はこちら↓


長浦駅前通り沿いで、「主婦の店 長浦店」と「小僧寿し 長浦店」の隣になります。
目の前が長浦駅前二丁目のバス停です。


現在はオープンに向けて準備中で、入口に大きく「11月19日オープン」と書いてありました。

「餃子の雪松」は関東圏に出店が増えていて、

  • 冷凍餃子のみの販売
  • お持ち帰り専門店
  • 24時間営業
  • 無人直売所

というお店です。
購入システムやメニューなど、ちょっと気になる感じです。


面白そうなお店が出来るんだなと思い、休日に寄った街にたまたま同じ「餃子の雪松」があり、興味もあったので購入してみることにしました。


見た目は新しく袖ヶ浦に出来る店舗とは違いますが、システムは同じと思うので雰囲気だけでも。

偶然見かけて寄ったので夜遅めの時間です。ちょうどスタッフの方が商品の補充をしていたので、許可をいただき撮影させてもらいました。


お店に入ると冷凍庫に、冷凍餃子がびっしり入っています。全て同じもので、餃子は1種類のみ。
1パック18個が2つで1袋になっています。1袋36個入りを1,000円(税込)で販売しています。


壁には餃子の買い方の案内がありました。


隣のモニターでは、買い方動画が流れていました。短めの動画でわかりやすいです。


餃子の並んだ冷凍庫の隣には、餃子のたれの「雪松特製ダレ」(1個200円・税込)と、「保冷バッグ」(1パック100円・税込)がありました。


お支払いはこちらの料金箱へ。両替、おつり、レシートはないので、たれや保冷バッグを購入する方は予め準備をしたほうがいいです。
料金を間違えて入れてしまった場合の連絡先なども、料金箱のそばに貼ってありました。

料金を入れたら自分で袋に入れて終了。保冷材は1袋(餃子36個)に2つまで貰うことが出来ます。


餃子は冷凍庫で約2か月もつとのこと。(まだ食べてません。)
雪松おすすめの焼き方は、包装紙や公式サイトに載っています。

ちょっと変わったシステムの冷凍餃子専門店、オープンが楽しみですね。

公式サイト/【公式】餃子の雪松|創業昭和十五年|秘伝の味をそのままに。三代続く群馬水上の名店・餃子の雪松。

 

こちらは「十六夜 瑠菜」さんより情報提供していただきました。ありがとうございます!

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です