袖ケ浦市にある東京ドイツ村では、「ポピー」の花が見頃を迎えています。

場所はこちら↓


暖かく過ごしやすい季節になり、東京ドイツ村でも多くの花が楽しめる時期がやってきました。

現在見頃を迎えている「ポピー」の咲いている場所は、アミューズメントエリア前になります。


黄色やオレンジ、ピンクのかわいらしい花が風に揺れて咲いています。


東京ドイツ村では、40万輪ものポピーが迎えてくれます。


鮮やかなビタミンカラーは、元気が貰えそうです。


予定より少し早めに開花したそうです。
ポピーは、5月の中旬まで楽しめるとのことです。


また、東京ドイツ村では「ポピーの花摘み」も楽しめます。(20本300円)
お好きなポピーをお土産に出来ますよ。


東京ドイツ村は、2001年3月8日にオープンから今年でで20周年を迎えました。
20周年を記念する花畑が完成しました。

場所は、こども動物園より少し下ったところの「あじさいの森」のアーチそばになります。


いつもと違う生活が続く毎日の中、『花の力で世界を繋ぎみんなで乗り切ろう』をテーマに花の地上絵が作成され、訪れる方を楽しませてくれます。


巨大な地上絵は、1万5,000株もの花で描かれています。
ベースとなっている白いノースポールの他に、金魚草、ネモフィラ、ビオラ、ペチュニアが花を咲かせています。


地上絵を見るには、そばにある「あじさいの森」のアーチをくぐり、遊歩道先にある展望台から見下ろすを見ることが出来ます。


展望台はこんな感じです。どんな絵なのかは、実際に東京ドイツ村に足を運んで見てみてくださいね!


こちらは観て楽しむだけではなく、「花の地上絵の一部になれる」とのこと。
花畑の中央にある足跡をたどってつきあたり部分に立ち、展望台から見ると…写真映えすること間違いなしです!

こちらの花畑は、ゴールデンウィークいっぱいは楽しめるとのことです。


他にもゲート付近にビオラやチューリップが迎えてくれます。


チューリップはそろそろ終了とのこと。
ビオラはもう少し楽しめるそうです。


東京ドイツ村 | 千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です