袖ケ浦市にある東京ドイツ村では、「ゆり」の花が見頃を迎えています。

場所はこちら↓


初夏の芝生が気持ちいい東京ドイツ村です。子どもたちが元気いっぱいにせせらぎで水浴びを楽しんでました。


「ゆり」は、観覧車前にある「四季の丘」で観ることができます。30万輪のゆりが見頃を迎え、県内最大級の花畑となっています。


花畑周辺は、華やかなゆりの香りに包まれています。


本年は過去最多の81品種が植栽され、表情の違う様々なゆりが咲き誇っています。


花畑を歩ける遊歩道もあり、訪れた方はゆりと一緒に写真を撮ったり散策を楽しんでいました。


大きく膨らんでいる蕾もあり、もうしばらく楽しめそうです。


四季の丘を登った先にも花畑が続いています。こちらもこれから咲きそうです。


丘の上の大きな鉢に、立派なあじさいが咲いていました。かなり大きくて一見の価値アリですよ。


土日祝日に限り、ゆりの販売を行っています。球根ごとのお渡しとなります。

動物園でベビーラッシュ!
ワラビーの赤ちゃんが産まれました!


こども動物園にて、2021年8月にワラビーの赤ちゃんが誕生しました。
ワラビーはカンガルーと同じ有袋類で、おなかの育児嚢で子どもを育てます。
産まれてからすぐ袋の中へ移動し、袋の中で育つため、誕生がわかりにくく袋から顔を出して気づかれることが多いそうです。


東京ドイツ村初のワラビーの赤ちゃんも、袋から顔を出しているのが見つかり、生まれたことがわかりました。
順調に成長し、最近では袋からでて親子で行動しているとのことです。


ワラビーの他に、2022年2月と3月にやぎ、4月にモルモット、4月と5月にマーラ赤ちゃんが誕生しました。
毎日すくすく成長しており、動物たちの成長は早いため、写真よりも成長しているかもしれません。
東京ドイツ村では初のベビーラッシュとなりました。

また、世界最大級のうさぎ「フレミッシュジャイアント」が仲間入りしました。
フレミッシュジャイアントは成長すると、1mを超えるサイズになる大型種のウサギです。

東京ドイツ村の新しい仲間たちに、ぜひ会いに足を運んでみてくださいね!

東京ドイツ村 | 千葉県袖ケ浦市にある花と緑のテーマパーク

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。