いとー@きさレポです。
木更津と言えば潮干狩り!という事で第4弾は、江川海岸のご紹介です。

千葉県木更津市の潮干狩り情報【まとめ】
第1弾 木更津海岸 潮干狩り場
第2弾 木更津金田見立(みたて)海岸 潮干狩り場
第3弾 牛込海岸 潮干狩り場
第5弾 久津間海岸 潮干狩り場
第6弾 金田海岸 潮干狩り場

早速場所の紹介です↓

こちらは、陸上自衛隊木更津駐屯地にほど近い場所です。

江川海岸と聞くとSNSなどで一躍有名になった・・・

海の中の電柱です。第2のウユニ塩湖と言われてるとか言われてないとか…
こちらは、以前にカナ@きさレポがレポートしていますので、興味がある方は、ご覧下さい。
江川海岸へ夕陽を撮りに行ってきた。周りもちょっと撮ってきた

さて、潮干狩りの話に戻します。

道中には、このような可愛い看板が結構立っています。先ほどご紹介した陸上自衛隊木更津駐屯地があり、そこに沿っていくような感じです。

駐車場は、この時期でも解放されている駐車場があり、そこから先は、現在では、徒歩でしか行けない場所ですが、潮干狩りの時期になると、こちらも開放されることになるのでしょうね。

江川海岸潮干狩り場は、施設が結構多いです。こちらは、入り口です。

そして、第1料金所があり、さらに驚くことに女性専用トイレと大きく書かれています。女性の方には、うれしいですね。

こちらが第1料金所です。当然シーズンオフなので、開いていませんが、敷地が広いことがわかると覆います。

こちらは、売店や休憩所みたいです。結構色々な建物がありますね。

気になる料金ですが、大人1,600円で2kgまで、子供(4歳以上小学生まで)800円で1kgまでとなっていて団体、学校団体料金の設定もあります。

その他、用具の販売、休憩所などもありますので、詳細は、江川漁業協同組合のホームページをご覧ください。

ホームページを見ていて、ちょっと他の潮干狩り場と違ったのが、渡船料なるものが・・・片道で、大人(中学生以上)200円、子供(4歳以上小学生まで)100円となっています。

そして注意事項の所に潮干狩り場まで徒歩でも船(有料)でもOK。但し、船は荒天時等には、欠航することもありますと書いてあります。

船で潮干狩り場に行くという経験をしたことがないのですが、ちょっと興味ありますね!

 

 

■ちょこっとPRコーナー■

こちらの記事もご興味ありませんか?